楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【滋賀、大津市】いじめ自殺報道について

 いじめ自殺報道が、最近話題になっています。

 非常にいたましい、許せないことだと思います。私自身、いじめというものを学校で直接目にしたことはないのですが、いじめにより命を絶つ人がいるのはとても心が痛みます。いじめ自殺による死者数は、表に出ないだけで相当数いるのではないでしょうか。
 個人として言いたいのは「逃げるのは悪いことではない!」ということ。心理学者の渡邊氏のツイートでも言われていましたが、逃げる=うしろめたいことがある、間違っていないなら逃げるな、という理屈はおかしい、ということ。
 逃げたっていい、無様でもいい。ただ、生きていて欲しい、と言いたい。

 さて、本題に戻ります。

自殺練習、葬式ごっこ「見落とした」 大津市教委、学校に責任転嫁「因果不明」
2012.7.11 09:58
ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120711/crm12071110000003-n1.htm
「今月6日まで見落としていた」-。大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で10日、初めて明らかにされた2回目のアンケート。「自殺の練習と言って首を絞める」「葬式ごっこ」という痛ましい記載があったが、市役所で緊急会見した澤村憲次・市教育長が説明した市教委の対応はずさんきわまりないもので、批判が強まるのは避けられない。
(中略)
 市教委によると、学校から2回目のアンケートの結果について報告があったのは昨年12月上旬。市教委の学校教育課が確認作業にあたったものの、「市教委が公表の基準とする、いじめの確証が得られる情報がなかった」として、アンケートの存在自体を公表しなかったという。

ところが、今月6日に市教委で改めてアンケートを見直したところ、「自殺の練習と言って首を絞める」「葬式ごっこ」と具体的な記述を発見したという。なぜアンケートを見直したのかについては明確な説明がなく、会見した幹部からは「学校が『新たな情報』として市教委に報告していなかった」と、学校側に“責任転嫁”するかのような説明もあった。

 昨年秋に行った1回目のアンケートで、学校や市教委はいじめの存在を認めながら「自殺との因果関係は不明」と判断。しかし今月に入って「(男子生徒が)自殺の練習をさせられていた」、「教諭が見て見ぬふり」-など問題のある回答が含まれていたことや、男子生徒が「暴力」「いじめ」を受けていたとの回答が伝聞も含め計227件にのぼっていたことなどが判明した。ところが市教委側は10日夜の会見でも、「自殺との因果関係は不明」との主張を繰り返した。



 昨日の記事ですが、いじめの具体的内容について触れているので載せました。

 今回の事件については、いじめの加害者の少年たちはもちろん、担任をはじめとする周囲の大人の無関心、保身がみてとれます。担任に至っては、暴力を振るわれている少年の前で加害者側に「やりすぎるなよ~」などと笑ってほざく始末。
 いじめが深刻化する要因の一つとして、担任教諭が加害者側に加わる、という点が一つあると思います。(中野富士見中学の件もそうでした)教師が加わることで、加害者が「自分たちは悪くないのだ」という思いを肯定され、行為がエスカレートしていくのだと思います。
 それにしても、26年前の事件から何も変わっていない現状を見ると、学校教育、学校組織というものそのものが何ら変化していないことを思い知らされます。
 「学校」という治外法権の在り方を問い直す時期なのかもしれない。同県の高島市では、いじめ加害者の少年ら(15)が逮捕されています。(http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111203/waf11120307000000-n1.htm)
 いじめという生温い曖昧な言葉ではなく、犯罪として立件することは大きいのではないでしょうか。「学校だから何をしても大丈夫」という感覚が、正常な善悪の感覚を麻痺させてしまっているようにも思える。
【学校が人を怪物にする】「大津市いじめ自殺について内藤朝雄さんのコメントにもあるように、学校の中に法律を取り入れるのも一つの方法かと思います。というより、この事件をきっかけに今後そういう動きが活発化していくことを願います。

 また、学校がいじめを隠蔽する体質の根源に、成果主義があります。
http://blogos.com/article/42957/
>東京都内の公立中学校長が「親に対し、いじめがあったとはなるべく認めたくない。教育委員会にもできれば報告したくない。報告しても問題の解決には役立たない」と本音を打ち明けたそうでありますが、「いじめや不登校の件数を多く報告すれば『学校経営能力』にバツが付き、相対評価が下がると言われている。」とは、いじめられている子供やその親からすれば無責任にもほどがある呆れた「本音」なのであります。
>しかしながら事態が深刻なのは、そもそもこのような事なかれ主義の教育行政は、この中学校長から「役立たず」と名指しされている「教育委員会」も、事なかれ主義そのものであり自分たちの評価が落ちないように「臭いモノには蓋をする」体質なのであります。
(中略)
>調査方法や報告内容をどんなに改良しても、彼らは結局は自分の点数を下げないために「いじめ」を隠してしまうのです。

この辺も根が深い問題でしょうね。

関連:
「自殺練習」いじめ放置 教諭「見て見ぬふり」「一緒に笑っていた」
>一方、男子生徒が先生にも泣きながら電話でいじめを訴えたが、あまり対応してくれなかったらしい、と指摘する回答もあり、教諭が男子生徒へのいじめを認識していながら、適切な対応をとっていないことが明らかになった。
 ふざけんな!被害者にとっては絶望の瞬間でしょう。
 しかも加害者の親は地元の有力者だったとのこと。こういう、権力相手におもねるような体質もどうにかならないんでしょうか。しかしその辺りは、地域の歴史や独自の文化もあるので、なかなか難しいところではある。
 やはり法的措置を取るのが一番なのかな。
 
 いじめをなくすことは難しいとしても、自殺は防げるはず。生き抜いていってほしい。

大津署が父親からの被害届3度受理せず(7/5)
市役所と中学校を家宅捜索 滋賀県警が暴行容疑で(7/12)

参照リンク:
【大津】中2いじめ自殺事件まとめ @ ウィキ
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balmung10/7245245

スポンサーサイト

中国尖閣諸島問題

最近話題の、尖閣諸島で中国船が日本の漁船に衝突した事件について。中国船がぶつかってきた際に、公務執行妨害もあり逮捕されたのですが…。これを地検は独自の判断でさっさと釈放。国内外で波紋を呼んでいます。

政府は25日午後、外務報道官談話を発表し、沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件での船長逮捕に対して中国政府が求めた謝罪と賠償を拒否した。民主党の岡田克也幹事長も奈良市で記者団に「全く納得のいかない話だ。中国も、冷静に対応した方がいい」と述べた。今後、中国側が反発し、「謝罪と賠償」が新たな外交問題に発展する可能性もある。

 談話は、衝突事件に関して「公務執行妨害事件として、わが国法令に基づき厳正かつ粛々と対応した」と表明。「中国側の要求は何ら根拠がなく、全く受け入れられない」と断言した。

 また、尖閣諸島について「わが国固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も疑いがなく、現にわが国は有効に支配している」と明記、「尖閣諸島をめぐり、解決すべき領有権の問題は存在していない」とあらためて強調した。
ソース:47news


↑当然の対応でしょう!この点だけは政府GJ。

 政府関係者によると、仙谷氏は24日午前の閣議後、釈放を一部の閣僚ににおわせていた。地検の発表前に仙谷氏は柳田氏と官邸で会談している。
 「僕ら(前原氏を除く)政務三役5人は釈放決定を知らなかった。何でこのタイミングなのかと話し合ったぐらいだ」
 外務省政務三役の一人ですら事前には全く知らされていなかったと強調する。

(中略)

 24日昼、自民党本部での党外交部会。海上保安庁の檜垣幸策刑事課長は中国漁船と海保の巡視船が衝突した瞬間を収めたビデオテープをなぜ公開しないのか、苦しい釈明に追われた。

 高村正彦元外相「ビデオを見たら、(中国漁船側が)ぶつかってきたことが一見して分かるのか」
 檜垣刑事課長「一見して分かります」


 政府内でも公開すべきだとの意見はあったが、仙谷氏は「刑事事件捜査は密行性をもって旨とするというのは、刑事訴訟法のいろはの『い』だ」(21日の記者会見)と後ろ向きだった。
ソース:産経ニュースより



国際社会において、日本が中国に屈したと思われて仕方ない対応に、憤りを感じます。
4人の邦人が拘束されていますから、人質のようなものですし、レアアースの輸入もストップされての選択だったのでしょう。しかし、その判断は地検、そして仙石氏の独断です。
しかも、証拠となるビデオテープの公開すら渋っているそうで。本当に「腰抜け外交」と言われても仕方ないのでは。
そして当然、卑劣な手段をとった中国側にも怒りを感じます。中国は90年代、ベトナム・フィリピンと争っていた領土である南沙諸島に捏造と侵略を重ね、実質中国領のようにしてしまいました。石原知事も言っていますが、このままでは同じようになってしまうのではないでしょうか。個人的に、中国はこちらが譲歩したからといって、こちらの要求をのむような国家ではないと考えています。尖閣諸島の領有権が日本にあるということは歴史的にも事実です。今回の件で、日本の領海内にもかかわらず、侵略行為を犯しても捕まらないのだという印象を与えてしまったのは大きなマイナスになるのでは。
日本として、極端に険悪になるのも問題ですが、何も間違ったことをしていないのにみすみす犯罪者を釈放することはなかったと思います。

参照リンク
石原語録:知事会見から
産業界に警戒感、中国依存の危うさ浮き彫り
南シナ海、中国実効支配に懸念…東南ア諸国

看護師という恐怖

 警視庁府中署は17日、誤って通常の10倍の速度で栄養剤を点滴し、患者を死亡させたとして、
業務上過失致死の疑いで、東京都府中市の都立府中病院(現・都立多摩総合医療センター)の
女性看護師(22)を書類送検した。

 同署によると、看護師は容疑を認め「なぜ間違ってしまったのか分からない」と供述している。

 送検容疑は昨年6月11日午後、末期がんで入院していた男性患者=当時(79)=に栄養剤を
点滴した際、速度の数値を「毎時25・3ミリリットル」と入力しなければならないのに、
小数点を入れずに「毎時253ミリリットル」と誤って10倍の速度を入力。そのまま投与し、
患者を死亡させた疑い。

 この点滴は本来、投与に48時間かかるはずだったが、5時間弱で終了。患者は終了直後に容体が急変し、
2日後に亡くなったという。

 同医療センターは「ミスがあったのは事実。患者のご冥福をお祈りします」とコメントした。
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100617089.html


マジで他人事じゃない。
本当に、ミスって自分でも信じられないようなことをなぜかやってしまったりする。気をつけないと…と思ってることでも、直前に確認したことでも、「なぜか」間違えてしまったりする。

ほんとに今日は怖かった…。自分が今知覚していることが正しいかわからない。わかっているのに間違えてしまったり。

ほんと、看護師なんてならない方がいい。プレッシャーすげえ。

天皇の政治利用を許すな


★陛下、習近平副主席とご会見 政治利用の批判高まる中…「深く感謝」
天皇陛下は15日午前、来日中の中国の習近平国家副主席と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。この会見をめぐっては、希望日の1カ月前までに申請するという「1カ月ルール」の期限を過ぎているにもかかわらず、鳩山由紀夫首相の指示を受けた平野博文官房長官が、宮内庁の羽毛田信吾長官に会見実行を指示するという異例の経過をたどっていた。「政府首脳による天皇の政治利用」との批判が巻き起こる中でのご会見だった。
(中略)
 習副主席は「今回、お忙しい中、わざわざ会見の機会をつくっていただいたことに深く感謝します」と述べた。陛下のご即位20年に対しての祝意も表したという。
 中国側からの陛下と習副主席との会見申し入れは、11月26日に外務省を通じて宮内庁に打診があった。1カ月ルールに合わないため宮内庁は「応じかねる」と返答した。しかし鳩山首相の指示を受けた平野官房長官が、2度にわたり羽毛田長官に「日中関係は重要」として会見の実行を指示。宮内庁側は最終的に受け入れた。

 羽毛田長官は11日、こうした経緯を記者団に説明、「国の大小、政治的重要性で差をつけないのが陛下の国際親善のあり方。二度とあってはほしくない」と不快感を表明。これに対し、民主党の小沢一郎幹事長は14日、記者会見で「辞表を出した後に言うべき」と述べるなど、異例の経過をたどっている。
ソース:MSN産経ニュース 2009.12.15 13:03



  ※引用が長いので、「続きを読む」からどうぞ。

つづきを表示

自民党大敗→解散

都議選、民主が第1党に 自公は過半数割れ確実
 12日に投開票された東京都議会議員選挙(定数127)で、石原慎太郎都知事を支える自民・公明両党の議席が過半数の64議席を下回ることが確実になった。自民(現有議席48)に代わり、第2党の民主党(同34)が第1党に躍進、50議席以上を獲得する見通しだ。自民党が都議会第1党から転落するのは44年ぶり。(12日 23:50)
ソース:日経ネット 7月12日



 あーーーついにか、といった感想です。
 今回の大敗は、麻生さんだから云々というよりも、党内の足並みが揃わなかったこと、党首を全力で応援しようとせず、人気が落ちてきたらすぐに鞍替えして自分だけ助かろうという浅ましさ、そういうものが露呈してしまったためだと思います。これは自民に限った話ではないですが、特にひどい人が目立つのはやはり第一党としての歴史が長いためでしょう。「与党だから」自民に入った、という議員も少なくないのではないでしょうか。だからこそ、同じ党内にいながら政治の方向が揃わない。(民主党の中身の揃わなさも目立ちますが)今までは自民支持でも、そういった所に失望した方もいらっしゃるのではないかと思います。
 世の中の大きな抗えない流れ、というものは確実に存在しているもので、おそらく次の選挙では民主党が勝つのではないでしょうか。そして、民主党(+社民、公明あたり?)は与党になるのでは。
 とか言ってハズれたら恥ずかしいですがw いや、ハズれることを願いますが。
 民主党が与党…となると、十数年前の社民党の圧勝を思い出します。あの悪夢を繰り返してはいけないと思います。阪神大震災での対応の遅れ、後々に継承されてしまった悪しき村山談話、北朝鮮とのつながりなど、決して忘れられない逸話の数々。とか言って、民主のネガキャンに結びつけるつもりはないんですが。マスコミは鳩山兄の献金問題はスルーだしなぁ。

 とにかく、麻生さんはよくやったな、と思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。