楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バインとNICOとゆずと

サーキットにてバインちゃんとNICOちゃんの共演が終了しました。

光村さんのブログ…
>田中さんの開けたドンペリを俺がケツでしっかり受け止める儀式
っておいwwみっちゃんwwww
GRAPEVINEは見事な下半身バンドです。素晴らしい。

えーこのNICOちゃん、本名をNICO Touches the WallsといいましてGRAPEVINEの公式弟分でもあり(マジ)、セーニャの所属なんすよね。
そう!セーニャといえば通称栗鼠…ゆずの所属事務所でもあるんっすよー!!

このNICO繋がりで…
もしかしたらもしかしたら…

GRAPEVINEとゆず、夢の対バン(?)なんてことも!?

……ねーかw

いや、あったら嬉しいけどさ…すっげぇキタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!!だけどさ。
合わないだろぉ~!?喜ぶ奴いないだろぉ~?

でも少なくとも私は喜ぶ…よ。ステージの寒々しい空気が気がかりだけど。嗚呼…想像しただけで鳥肌もん(悪い意味で)。
まーそもそもゆずはバンドじゃないしね。だけど夏フェスだかに出た時あるんだよね。不思議だ。
語っちゃうけどゆずだってただの爽やかフォークデュオじゃねーんだぜ!?真夏の太陽とかトビラ期とかちょっとはロックぽいのもやってるんだぜ!?本人たちの憧れはXJapanだったりするんだぜ!?…だけどまあ、うん。ロキノン系ではないわな。それは言える。さんざんミスチルに似てるだの言われようが、全然ロキノン系じゃねえよ(つまり似てないってことじゃねーのか?おいらとしては否定したい)。
多分、メロディラインや本人たちのイメージもそうだろうけど、何より違うのは歌詞だと思うんだよね。ロックバンドにしてはストレートすぎる。そして音。エレキ使ってるのもあるんだけどさ。やっぱり始まりはアコギだから。
でも、それがいいんだよなぁ~。バリバリのロックがあれば、バリバリのフォークがあっていいじゃない。怒りを吐露するものがあれば、涙を慰めてくれるものがあっていいじゃない。私は両方好きよ。

そういやトライセラの和田さんと北川さん仲いいんだった。あああ…憧れの共演へのルートは何本もあるというのに。

そうそう。
ASIAN KUNG-FU GENERATION new album「ワールドワールドワールド」3月5日発売!
ゆず new album「wonderful world」4月16日発売!

似てね?(笑)

そしてGRAPEVINE new single「ジュブナイル」3月5日発売!忘れんなよ!

スポンサーサイト

言葉という難解な道具

 「言葉」とは、人間が使う中で最も難解な道具である。それこそ言葉で人を殺すこともできる。言葉の持つ凶悪なほどの力を、怖さを、人はもっと考えなくてはならない。
 …というような事を昔厚治さんが言ってたんだけどさ。

 今日、友達と話していてそんな話が出たのです。許可を取ってないんであんま詳しくは書けないんすけど。
 いつでも、人を傷つけるのは何気ない一言なんですよね。明らかに悪意があって人に発言することってあんまりないし、それならば悲しみより怒りの方が勝るから、傷ついて落ち込んでしまうってことも少ない。だけど、悪意があるわけではない、ポロッと漏れた一言だったらどうでしょう。悪意がないだけに、相手を責められないし落ち込む自分も情けない。でもやっぱり傷ついてしまう。以下、情けなさと鬱の無限ループ。
 看護ではどちらかというと表情や顔色などの「非言語コミュニケーション」に重きを置く傾向にあるんですが、普通に暮らしている中では言葉というのもなかなか大事なんですよね。同じ意味でも「お疲れ様」と「ご苦労様」を立場によって使い分けしたりしますし。(ところで最近「ご苦労様」の使用頻度が全体的に減っている気がする…社会人は違うのかな?)とりわけ日本語はそういう細かい言葉や単語の使い分けが多いと思います。いや、専門じゃないから知らんけど。
 せっかくたくさんの言葉があるんだから、優しい言葉を使いたいもんですね。ここまで読んでくれてありがとうございます。

ところで今日駅でケータイ小説を読む女子中学生を生で初めて見た。ショッキング。

久々にカラオケ

今日はさいたま氏が帰省中というわけで一緒にカラオケ行ってきたっす!
やっぱりさいたまは歌うまいのう…。惚れぼれしちゃいましたわ。バインちゃんたくさん唄ってくれてマジありがとう!!4時間歌ったけど楽しかったっす。シロップも聞けたし(^皿^)

もちうたに aikoとTommyが くわわったぞ!

その後ファミレスでうだうだ。お互い大変だのうという話を…。やっぱりみんないろいろ迷ったり悩んだり後悔したりしてるんだよね。それがわかっただけでもよかったかな。あといろいろとね…文学の話やらバンドの話やら。さいたまは話通じるからいいわ。いろいろ話をして鬱憤を晴らさせていただきました。愚痴っちゃってごみんなすい。でもたくさん話できたし、会えてよかった!

話してても思ったんだけど、やっぱり私は何か書(描)くのを捨てきれないなぁ。そんなわけでメイトで原稿と丸ペン買ってきたんだけどね。いやー春休みになったらまた漫画描きたいと思って。(5年ぶりだ…)
昔から何か架空の物語を作るのは自然なことだったし、いつももう一つの世界に意識が片足突っ込んでた気がする。だからぼーっとしてるんかな。いやはや。

それはともかくとして、風がすげーの!息が出来ない!案の定電車動かなくて結局おばさん家に泊まることになりました。しかも2人とも仕事でいなくなるし。まぁせっかく一人だしゆっくりしますわ。

果たして月曜までにレポートは完成するんでしょーか!?なんとかするしかない!(ギャグマンガ日和風に)

寄り添うもの

 私が昔から思うに、看護師だの教師だのいわゆる「人を救う」のを主軸に置いた職業よりも、本当に多くの人に寄り添い救いを与えるのは別のもののような気がする。「人の役に立つ仕事がしたいから」という理由でそれらのいわゆる「聖職」を希望する人は本当に立派だし、希望者が多いのも喜ばしいことだが、何も他の職業が人の役に立たないというわけではない。職業に貴賤なし、と言うが人の役に立ちたいならどの職業も少なからずそうだろう。
 重要なのは「care」のみでなく「cure」を含む職業だということだ。身の回り世話や診療などだけでなく、心に癒やしや安楽を与える仕事だからこそ、ただ淡々としている(ように見える)仕事よりも素晴らしく立派に思えるのだ。(もっとも看護師は職務内容がハードだからこそというのもあるだろうが…)しかし、どんなに素晴らしい職業であろうと、彼(女)らが人に寄り添い癒やしを与えるのはごく一定の期間だけである。勿論、人生の終末を見守られる人もいれば、疾病で心身ともに弱っている時期に勇気づけられたという人もいる。学校を卒業後も頼られる素晴らしい教師も存在するし、それが聖職者の本来あるべき姿だと思う。
 だが、「その場所」にいないその他の人間はどうだろうか? 身体の健康には問題がなく、入院する必要はない。しかし精神的に追い詰められ、だからといって病院に通うような症状もない、そんな人間はどこに救いを求める?

 人を救うのは人である。すごく個人的なことを言わせてもらえば、私は音楽だの漫画だの本だのにだいぶ慰められたことがある。何がどう変わるわけでもないが、孤独でひしゃげた心に寄り添ってくれる。こう言うとすごく薄っぺらく聞こえるが、これらはすべて人の発したメッセージが人に伝わるということだ。それは創作物だけではなく普段の会話や関わり合いから伝わることも多いが、変に気を遣ったりせずに、ありのままの汚く弱い自分を晒せるのは一人の時くらいだ(少なくとも私は)。
 だから私は「聖職者」に限らず誰もが人を救う「発信者」になれると思う。発信者の誰もが意図して人を慰めようとか救おうとか思っているわけではないだろうが、それは確かなことだ。私はそういう、普通だが少し病んでいる人間を救いたいと思う。だからちょっとやりたいことと看護がずれるのかもしれない。
 ただ、今は目の前のことを頑張るしかない! 進級するぞー!

全てを捨てて僕は生きてる

今まで逃げていたツケが一気に廻ってきた感じ。

逃げ出したくても逃げられない。正直不安で発狂しそう。
普通になれればどうってことはないのだろうけど、いまいち乗れないでいる。切り替えが大事だ。自信と虚勢は違う。自信をつけなくてはいけないのが一番の課題だ。プレッシャーに弱い性格をどう克服するか。考えすぎるのも駄目だが何も考えないのも意味がない。かなりハードルが高い。

ともかくやれるだけやるしかない。

最近奥田民生がアツい!!

それにしても「息子」と「すばらしい日々」だけはガチで泣ける。
いやー最近、奥田民生にハマってます。たみおいいよたみお。ドライブに合うしおやすみ前にもいける。なんだか安心するとゆーか、楽な気分になるのよね。心の清涼剤ですわ。

そんなわけで…買っちゃったよ!『スカイウォーカー』!!

これはですね、OT曲をファンであるいくえみ綾氏が漫画化しちゃったというとてーも素敵なものです。表題作「スカイウォーカー」のほか、「MANY」「無限の風」「マシマロ」があります。いくえみ氏、ファンというだけあってすごくよく描かれているなぁと思いました。個人的に一番好きなのはスカイウォーカーかなぁ。これ見た後に知ったんですが、民生さんて学生時代は授業中漫画描いてばっかだったんですね!(笑)知って納得。
どれも漫画単品でも素敵なものばかりです。優しくて爽やかで、どこか切なくて愛しい。ちょっと泣きそうになった。マシマロに至っては3ページしかないけどね(笑)
こりゃーもう、買って損ないよ!買っちまいな!強烈にプッシュ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。