楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボーンおもしれえええ

家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN! (1) (ジャンプコミックス)家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN! (1) (ジャンプコミックス)
(2004/10/04)
天野 明

商品詳細を見る


ぬおーーーハマるつもりはなかったんだけどハマりつつある。ごっくんかわいいよごっくん。
獄flv_000063896

初対面では「お前なんか認めねぇ」とか言ってたくせに、今では「十代目~」と慕いまくり土下座したりバラを届けたりしている自称右腕?スモーキンボム氏

最初は2chのせいもあってか「同人くさいんだろうなー」とか思ってたけど、でも実はすごい好きな絵でずっと気になってたんです。
まだ16巻までしか読んでないんだけど(そうだよ大人買いだよ)、面白い!さりげなく芸が細かいね。途中からいきなりバトル編になっててびっくりしたけど、日常編の他って意外にかなりシリアスなんですね…。骸なんて人間を超越してるし。
未来編が今もずっと続いてるんですが、ロンシャンの出番がないのが残念。一応ボスなのに…(´・ω・`)
それにしても10年後の獄寺くんと雲雀さんかっこよすぎだろ…


一応女性向けだけど、つべにあるMAD「最強〇×計画(獄寺ver.)」はすっごい合ってると思うw
すべり台は名曲。

スポンサーサイト

イノセントラヴ6話~蘇るキヨカ~

きよかが生き返ったあああああああああああああああああああああ!
いや、生きてたけどさ!どーいうミラクルだよっ?北川さんの言った通り、今夜はマウンテンでした…
来週は横暴なきよかが佳音ちゃんをいじめて鬱展開だろうか?でもきよかも殉也に愛情ないっぽいし…
サスペンス展開になってますます目が離せません。それにしても刑務官のおじさん優しいな…。お兄ちゃんに気があるのか?ってくらい(笑)

他、近況。
・ワンピースが最近面白い!毎週ジャンプ立ち読みしてるよ。
ハンコックかわいいよハンコック。今週は笑った。サンジさんがー!w
エースのシーンは迫力凄かったなぁ。孫を処刑できんのかじいさん。
・リボーンもアニメ見てて最近読み始めたんだけど、面白いかも。獄寺くんが好きだー!
・エレカシ武道館さっそく申し込み。当選しますように…!切実。
・アジカン「未だ見ぬ明日に」、銀杏BOYZ「漂流教室」は鳥肌ものの名曲。

すべての季節が過ぎ去っても僕は夏のまま―「ロブスター」

ロブスターロブスター
(1998/05/08)
THE HIGH-LOWS

商品詳細を見る


考えるな、感じるんだ!!!

夏に聴きたい名盤。
最初の「コインランドリー」から最後の「夏の地図」まで、突き抜けるような青空と夏の日差しを感じる、疾走感を感じる曲が並んでいる。少年のようなロックンロール!
特に個人的に「不死身のエレキマン」がかっこよくて好きだ!ギターもかっこいいし歌詞も曲もかっこいい!なんだかこれは、ヒロトさんだから言えるというか、説得力あるというか、そんな歌詞ですよね。
ヒロトさんの曲も好きだけどマーシーの曲も好きだなぁ。「コインランドリー」「真夜中レーザーガン」とかお気に入り。「風の王」なんかはほんとに名曲ですよね。
「千年メダル」は気取らないけど、大きくて素敵なラブソング。
「夏の地図」は沖縄調のサウンドで、真っ白に焼けつく少年の夏を彷彿とさせる。「なくすなよ なくしちゃだめだよ/必ず一度は道に迷うから」など、単純な単語の中にも詩的な表現がされているなぁ、と感じる。詩集が出ているだけのことはあるなぁ。

とにかくかっこいいアルバム。とてもおすすめ。夏の日差しを全身で感じてほしい。


自分が自分の世界の主人公になりたかった
子供の頃から憧れてたものになれなかったんなら大人のフリすんな
第一希望しか見えないぜ不死身のエレキマン
不死身のエレキマン/THE HIGH-LOWS


参考リンク
甲本ヒロト名言集←人生が楽しくなるかも!(笑)

3週間終了ー

長かったぜ…成人…
いやーでもやりきった感が。先生も優しかったしメンバーもよかったし、落ち着いて実習できました。
今回、ほんと計算されているかのよーに恵まれた環境でイヤッホオオウ!です。
なんか今日は他の実習先の人とかも一緒に10人でお昼とか楽しかった。

来週からまた4週間!でもなんとかなりそうかな?

最近、エレカシの武道館が決まったり、元厚生次官の襲撃テロ事件があったり、防衛省論文騒動があったりいろいろありましたが、記事書く時間がなかなかなくて残念。それでも結構書いてる方だけど、ほとんど携帯からだし。ニュース系統はパソコンからじゃないとやりにくいんですよね。うーむ。
そろそろちゃんとした小説も書きたいし。あと少しだね。

ほんとに最近寒くて風邪気味です。布団買ってこないとなぁ。それよりコタツが先か。

イラスト描いたよー

忙しいんだけどね!
なんだか楽しくてね!
たまにはいいじゃないね!うん!

つづきを表示

東芝期最後の傑作―「町を見下ろす丘」

町を見下ろす丘町を見下ろす丘
(2006/03/29)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


 エレファントカシマシの、東芝レーベルで出す最後のアルバムであり、紛れもない名作と言ってよいだろう。一見大人しいが、文語体の歌詞もあいまって聞けば聞くほどに味わい深いアルバム。
 頻出ワードは「どでかい何か」「素直に生きられりゃどんなにいいだろう」。ちなみにタイトルの「町を見下ろす丘」関連の歌詞は「11.なぜだか、俺は祈ってゐた。」「5.シグナル」に出てきている。
 この「シグナル」がすごく好きな曲。一見地味で印象が薄い曲なのだが、本当にぴったり来る状況になると涙ぐまずにはいられない、渋い名曲である。若い頃の勢いとは別に、歳を重ねないとわからないことというのは確かにあって、宮本氏自身がそういった歳の取り方をしていることに心より安堵する。
 印象的なフレーズ。
「あのころキミは もとめつづけ遠くばかりみてゐた。今はもう まよはずに行けるさ/悲しみの月日があらたな歴史のシグナル/いまからはじまる未来のあなたのシグナル」
 「キミ」=自分に置き換えてみた。
 確かに若い頃というのは理想を追い求め近くではなく遠くを目指してしまうものだなぁと感じる。居もしない架空の理想像や会ったこともない芸能人に思いを馳せてしまう。「こんなはずじゃない、本当の自分はもっと他にあるはず」という迷いは誰しもがもったことがあるのではないか。そういった日々というのは、程度の差こそあれ「悲しみの月日」であったのではないかと思う。だがその月日があったからこそ今の自分がいるわけで、辛かった日々を否定するのではなく、その味わった悲しみが大きな遺産となって、逆に道を照らしてくれる光となってくれるのだろう。「ココロに花を」もそうだが、心に花が咲くという表現がいいね。
 「1.地元のダンナ」も1曲目に相応しい、力強くてニヒルでかっこいい曲。かなり好き。「3.甘き絶望」は宮本氏がシングル候補にあげただけあって、馴染みやすいメロディの曲。なんだか色気がある。「4.すまねえ魂」はネガ歌詞。ここにあるこの自分が俺の全てだなんて思いたくはなかった~♪「7.人生の午後に」は気だるげ~で渋い曲。「9.流れ星のやうな人生」も代表曲の一つ。

 とにかく捨て曲がないです。心が研ぎ澄まされるような、渋い一枚。



今宵の月が満ち欠ける、町見下ろす丘に。
「どの道キミは、ひとりの男、心の花 咲かせる、人であれよ」と。
シグナル/エレファントカシマシ

雑多な闇夜を突き破れ-「シシカバブー」

シシカバブー(初回限定盤)(DVD付)シシカバブー(初回限定盤)(DVD付)
(2008/11/05)
ゆず

商品詳細を見る

[曲目]
1.シシカバブー
2.ボサ箱根
3.使い捨て世代

もう最高っす!
クレジットがゆず名義だけあって、二人の良い所がいい具合に組み合わさった、熱くてかっこいい曲です!北川さんの武器であるキャッチーさと、岩沢さんのシニカルさがマッチングして、新しい「ゆず」の世界を作っています。歌詞は岩沢分が多目の印象。個人的に、北川さんのメロディに岩沢さんの歌詞を乗せたら最強なのになぁと思っていたので、これは嬉しかったです。
本当に最近は「どうしちゃったの!?」というくらいにゆずから熱意というかやる気を感じます。「マンネリ」という11年目の危機に二人が打ち勝ったということでしょう。
今回はジャケも本宮ひろ志で凝ってます!中は漫画になってるんだぜ。
カップリングの「ボサ箱根」「使い捨て世代」もなかなか。ボサノヴァ調の♪箱根~箱根~が頭から離れません。
DVDもWONDERFUL WORLD DVDの宣伝か?wといった感じですが、ゆずライブのよさがぎゅっと濃縮されてると思います。

PVもカオスで好き放題w一部で大好評のコスプレ満載です。北川さんの女子高生はほんとかわいい。


シシカバブー!

20081104201852
セーニャコンビでニコとゆず買ってきた!
とりあえずシシカバブー神すぎ。
詳しくは後でまた~

今日はアパートの鍵を実習先に忘れちゃって、大家さんに来てもらいました…とほほ。災難~。
今日からまた新しい実習です。緊張した。やってけるかな~。

昔描いたマンガ

が出てきた!ので勝手に紹介。

つづきを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。