楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが満ち足りた世界で―「Sing」

SingSing
(2008/06/18)
GRAPEVINE

商品詳細を見る


 今更ですがディスクレビュー。発売してすぐに書かなかったのは、書かなかったのではなく書けなかったのです。正確に言えば、音と詞の複雑さを消化し切れなかったのです。個人的に前々作のderacineが神アルバム過ぎて、評価しづらかったというのもあります。
 ただ、バインが新しい領域へ足を踏み入れたのだということは明らかで、これからも進化が見られると思います。
 今回通して、最新なんですがどことなく初期を髣髴とさせる懐かしい印象を受けました。セッション曲が多く、作曲がGRAPEVINE名義になっている曲が目立ちます。そういう点でも、新境地のアルバムと言っていいんじゃないでしょうか。田中氏の声も年々進化してるしねー。歌い方から癖が抜けてきていて、かといって物足りないわけではなく、聴きやすくなってきています。

「01 sing」は美しいピアノから始まる、大人しめのしっとりした曲。
「03 Glare」シングル候補になっただけあっていい曲。「07 鏡」、いわゆる泣きメロ系。「08 女たち」、酒飲んで録ったらしい。けだるい感じ。最後ゴジラなんですけどw
「09 フラニーと同意」これ好きだなぁ。アップテンポでどこかチバっぽいです。モーサムそのまんまという意見もあるようですがどうなんだろ。田中氏によるとフラニーとは困ったちゃんの男友達をモデルにしたらしいですが…。タイトルは「フラニーとゾーイー」のパロディでしょう。
「10 スラップスティック」も不思議な曲調なんですが、結構サビがわかりやすくて好きな曲です。真面目に話したいのに茶化してしまう、逃げてしまうような心境を綴っています。

 今回はシングル曲多いですが、統一感という意味ではとてもまとまっていて、アンニュイで不思議な雰囲気が見事に一枚の盤に収まって作品になっている気がします。「超える」「ジュブナイル」などシングル曲がいい作用の仕方をしてて、アルバムの中の清涼剤的役割をしています。
 c/w曲だといまいち地味かなぁと思っていた「06 また始まるために」も、アルバム中だとなかなかいい。深いテーマを孕んだ曲だと思う。「世界のどこかでは喜びに溢れ/それは幻想かい/それは幻想かい」幻想=本当、と対になっているのが興味深い。
 歌詞が一旦わかりやすい方向に行って、また難解な方向に行っているので、どこか初期のような印象なのかなぁ。全体的にしっとりというか地味な落ち着いた曲が多いため、何回か聞かないと印象に残りにくいかも。ただ、クオリティや完成度は高いです。聴きこむと新たな解釈ができてくるアルバムでしょう。

スポンサーサイト

オードリーの軌跡

めちゃイケで恐るべき音痴っぷりを披露した若林の選曲、GReeeeN「キセキ」のMADを見てたら不覚にも感動して涙が出てきてしまった。キセキをバックに流すのは反則だろー。
「それってキセキ」の所でM-1会場になる辺りで鳥肌。今までほんとに売れなくて、ここまでこれたのが本当に奇跡だなぁ、とちょっと感動。
NON STYLEやU字工事にも頑張ってほしいな。

やれやれ資本主義

最近オードリーがかなり好きです。
オードリー
こんなにお笑い芸人を好きになるのは中学3年生以来です。

中3の頃は私の中で第一次お笑いブームで、テツトモとハリガネロックが特に好きでした。いつか大阪のNGKに行ってみたいとまで夢見ていました。
しかしそんなお笑い熱も高校に進学し、エンタ等のしょぼい番組が増えるにつれ冷めていきました。

しかしここに来て第二次お笑いブームが私の中で巻き起こりつつあります!
レッドカーペットやイロモネアなどのお笑い番組が増えたのもあります。
オードリーももちろん、最近はいろいろな若手の方が出てきていて、今まで売れていなかった芸人がどんどん売れてきている状態だなと感じます。(今までもそうだったと思いますが私の中で認識が変わってきたので変わって見えるんでしょう)超新塾も私が中学生の時からやってるし、バカリズムもピンになって最近テレビでよく見ます。
オードリーは、正直テレビで見るとそんなでもないけど動画で漫才見るとかなり面白いです!特におススメは「落とし物」「短気」。全部見たわけじゃないのにおススメとかしちゃって。アドリブが多いので、同じネタでも出来不出来の差がかなりあります。
あと当たり前だけど今まで8年間やってきたんだなぁ~、というのが伝わってきます。特に若林はイレギュラーへの対応の仕方が上手い。
この二人は、二人の仲の良さも好きなんですよ。個人的に、やっぱり一緒にコンビやユニット組んでやっている人たちには仲良くいて欲しいんです。それはお笑いに限らずバンドなどでもそうですけど。
お互いにな無いものを補い合って、支え合って、信頼し合ってるのが伝わってくる人たちは見ていてすごく好きです。
春日の自分の無さには若林の才能、若林の暗さには春日の優しさ。まぁこんなこと言ってキモイと自分でも思うけど(笑)頑張っていってほしいですね。

【ニコニコ動画】も、やめてぇ~
「メビウスの輪からドロップするには」「やれやれ資本主義」「使用済みの縦社会」などの若林氏の厨二病満載のブログが読み上げられます(笑)悶絶する若林の「やめてぇ~!!」がかわいいw
若林
↑平成の小林多喜二。

春日がフライデーされた記念に記事にしときます(笑)一発屋的に消えないでほしいな。

近日いろいろ

・たまの休みに、PCでなくコンポでCD聴くのもオツなもんです。
・Base Ball Bear、結構好きかも。
・People In The Box、さいたま氏おすすめというだけあってかなり良い。雰囲気とか一味違う感じ。
「静かなる中毒性」まさに。バースデイいいね。
・ミッシェルとthe pillowsはいい意味で90年代を彷彿とさせる。
・幕張面白れぇー!!大人の方が楽しめるマンガです(笑)当時のジャンプで連載してたのがすごいな。
部活に所属していながら全く部活をしていないあたり、南国アイスホッケー部を思い出す。あれも改蔵も終わり方すごかった。
・サイコホラーを書いてると自分の精神がよくわからなくなって怖い。
・いつもiPodを入れている巾着(修学旅行に京都で買った金魚柄のかわいいやつ)なくした…。お気に入りだったのに…
・秀才のフリした元不良×不良のフリした元いじめられっ子。2人は幼なじみ。というネタを思い付いた。
・リボーンの話。10年前に戻って欲しいけど、戻ったら今の24歳正ちゃんとはお別れか。寂しいな。

只野面白かったー

只野面白かったああああああヽ(・∀・)ノ
今回は見所満載でした。

初っ端から、お待ちかねの安達祐実登場。
か、かわええ…。こんなに可愛かったかな?というほどの美しさ。盲目の役だったんだけど、演技がほんとに上手い。
そしてもうひとつの特命係の課長が盗撮犯だしw
フンフン機関車「ピィーーー!」には噴出した。そしてサウナでのおっぱいプリンと竜巻来了―!w
そしてクライマックスの真犯人暴露のシーン。
「ヒィーヒヒヒヒ・・・そうだ、殺ったのは俺だ」
俳優・石丸謙二郎の基地外演技怪演きたああああ!!
まさかの「ホーホケキョ」の呼び声を合図に黒幕のチンピラが!!
しかしここは流石は只野、そこらのチンピラなんか相手じゃありません。あっというまにフルボッコ。
しかし!ここで食い下がる悪役ではなかった。
な、なんと!背中からライフル銃が!!
安達に呼び出されたときからずっと背中にライフル仕込んでたのかと。
さて、犯人あえなく御用となって事件は解決です。
盲目が手術で治った安達、会社で只野と偶然ぶつかります。咄嗟に腕を掴んだ只野に、最初に会ったとき掴まれた感触が甦ります。
「あなたは、あの時の…」
振り返る只野、唇に人差し指を当て悪戯っぽく微笑みます。
只野かっこええええええええええええええええ!!!

男の美学 (CCCD)男の美学 (CCCD)
(2003/08/06)
高橋克典

商品詳細を見る

↑思わず買ってしまいたくなるね!


そしてその後のフジ「ありふれた奇跡」初めて見てみた。
加瀬亮かっこえええええええええええええええ!!!
やばいです、マジ好みです。なんかポニキャの頃の石君に似てるし。顔も体型も演技もすごくステキ。

3つほど。
「続きを読む」からどうぞー。

つづきを表示

ばーすでー

ばあちゃんの誕生日が二日後ということで、万歩計と「感謝」チョコレートをプレゼントしました。
喜んでくれてよかった。安物だったんですが、「値段じゃないべ」と言ってくれて嬉しかったです。
ちゃんと100均でラッピング用の袋買って、それに入れて渡したんですよ!世の中はバレンタインだからたくさん売っててよかった。
母の分も、長生きして欲しいもんです。

神様オレは何様ですか

人のためとか言って結局は自分の自尊心を満たしたかっただけなのか。
気を抜くとすぐ偉そうに物を言う自分が堪らなく嫌いだ。自信がすぐ軽侮に繋がってしまう。
自信がないからあるように見せたくてそうなってんのかな。

どうしてこんなに自分のことばっかりなんだろう。

家庭教師ヒットマンREBORN!(23)感想

家庭教師ヒットマンREBORN! 23 (23) (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 23 (23) (ジャンプコミックス)
(2009/02/04)
天野 明

商品詳細を見る


今回はまぁツナと雲雀のターン。ついにⅩburner完成!!そしてほとんどの守護者合流!

・ついに現ヒバリさんきたー!!やっぱり学ランの風紀委員がヒバリって感じだよなー。でも草壁かわいそうすぎw
幻騎士「守護者といえど小童など相手にならん」
雲雀「ムッスゥ~」(鼻血)
↑かわいい
それにしてもヒバリはやっぱり天才設定なのね。
・ツナがいよいよ主人公然としてきた。厨くさいと言われそうだけどかっけー。それにしても最強すぎワロタw
・混乱してるんだけどヒバリが霧のリング持ってたのってなんでだ?雲の誤植?
・クロームベッドに寝てたのにつれてきちゃって大丈夫なのかよー?それにしても10年後のクロームかわいいよクローム。
・アイリスが妲己ちゃんとかぶる。博士=紂王みたいな図式。
・幻ちゃんが洗脳されてんのか自ら裏切ってんのかわからん。姫のこと思い出す辺り、ジッリョネロのことを忘れてないと思いたい。なんで白蘭に忠誠を誓うことになったのか理由が知りたいなぁ。最後の変身には吹いた。
・真相を知った後だと正チャン演技うめーなと思う。
・ところでジャンプコミックスの後ろの折り返しって他の既刊のコミックス一覧じゃなくなったのかな?イラストは嬉しいけど。
・人気投票もだいぶ固定されてきたよなー。主人公1位でよかったと思う。それにしてもごっくん不足。
・スパナいいキャラだよなぁ~。
・パイナップルァァアアア!!!

◆今後の未来編について。
・白蘭=ロンシャンくんを期待。
・幻騎士…さんざん最強最強言われてるのに(以下ネタバレとなるので自粛)
・そろそろユニたんのターンに行ってほしい。
・てゆーか白蘭の能力にそろそろ言及してほしい。
・それにしてもロンシャンくん不足。

こんな日はっんとにI'm so tired

20090204181820
なんかもー今日は疲れたー。朝から祖父の客が来て朝飯は食べられなかったし。
(10時より早い訪問は私の中では非常識でござぁす)

卒研の先生へ面接しに行ったらテーマ変更だし。パソコンは重いし。財布を忘れて愉快なサザエさんだし。(取りに戻った)
で、図書館に行ったんです。
卒論の資料探しがてら興味ある本も借りちゃった。
荒俣宏先生の本や写真や図がふんだんに盛り込まれた日本の神々など、オカルトマニアなら「ヒャッホー」と言ってしまいそうな本を数冊。洗脳撃退マニュアルはなーんか胡散臭い感じがあるけどそれがまたイイ(笑)
春休みは読書もいいよね。

細田幹事長の熱弁とマスコミ批判

一見地味に見える細田博之幹事長ですが、29日の国会演説での熱弁っぷりがネットで話題になっています。

 28日に行われた麻生太郎首相の施政方針演説に対する代表質問が29日午後、衆議院本会議で行われ、民主党・無所属クラブを代表して民主党の鳩山由紀夫幹事長と田中真紀子元外相が、自民党を代表して細田博之幹事長が登壇した。
 代表質問の冒頭で細田氏は、平成20年度第2次補正予算について、「民主党がこの協議会において憲法の規定の精神をねじ曲げる行動をとったことは、法治国家を守る立法府の一員としての適格性そのものを疑わせる問題である」と述べ、「民主党はこの両院協議会の場を政局に利用し、引き延ばしと混乱の演出を図った。このような暴挙は我が国憲政史上始まって以来であり、到底許されるものではない」と痛烈に批判した。
 細田氏は「(公務員の)わたりはやめる、そのぐらいまで言ってほしい」と追及し、麻生首相から「国民からの厳しい批判や国会における議論を踏まえ、今後はあっせんの申請が出てきた場合においてもこれを認める考えはない」との答えを引き出した。(要約)
ソース:ザ・選挙 JANJAN全国政治家データベース


映像:2009年1月29日、国務大臣の演説に対する質疑 自由民主党 細田博之幹事長 

29日の国会中継は私も途中から見ていたのですが、細田氏の代表質問は見逃してしまい、見たのは田中眞紀子氏の悪口全開質問からでした。
 細田幹事長の言うことはもっともで、確かに定額給付金は国民にはさほど熱心に受け入れられているわけではないと思います。ですが、審議にも参加しないというのは、怠慢以外の何物でもないのでは。一応給料はもらっているわけですから。民主党は以前から、審議拒否について散々批判されていたように思いますが、いつまでも代わり映えしない政党に期待はできないと思いますね。
 それにしても、細田幹事長がここまで熱い人だとは知りませんでした!リンク元を見ていただければわかるのですが、以前にも民主党を批判していたことがあって、その真面目そうな外見からは想像もつかないほどに熱弁をふるっています。違う党を批判するだけではなく、同じ自民党にも切り込んでいける人というのは、なかなかいないのではないでしょうか。「離党」「造反」のみか、「全肯定」のみのどちらかしか、最近はいないように思います。
 何を隠そう私自身も自民シンパなんですが、確かに発言や法案について疑問が全くないわけではありません。ですが、やはり自民党に頑張ってほしい、という思いはありまして。だから今回の細田氏の答弁は非常に胸のすく思いというか、こういう人がいてくれて良かった、という思いです。

さて、冒頭にも書きましたがちょっと田中眞紀子氏について。
今回の答弁も、「眞紀子節」などと言ってテレビでは持て囃されていますが、果たして現実に田中氏のことを「カッコイイ!」などと思って賛同している人はいるのでしょうか?
Wikipediaをソースに持ってくるというのはあまり好ましくないんですが、一番よくまとまっていると思うので。
・アメリカ合衆国の機密情報を漏洩
・金正男来日時の不手際(パニックと言い訳し、さっさと国外へ退去させてしまう)
・パキスタン訪問時、日本政府としては関与しない問題について「パキスタンを支持する」と発言し、インド側が激怒
・子供のいないことを理由に「安倍晋三さんは種無し南瓜」発言
・拉致被害者に対し、「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? 」と発言

と、数々の暴言や不祥事がありますが、田中氏の成果や人物像が決して褒められたものではないとわかります。
そんな品性のない悪口全開の答弁を「眞紀子節」などと言って持ち上げ、一方で細田氏の答弁はほとんど映さない。さらに、法案の中身ではなく漢字間違いなどというどうでもいいようなことしか取り上げず政府を貶すマスコミ(というかテレビ)は、まさに「マスゴミ」と呼ばれるのに足るのではないでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。