楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬーん

日月神示について調べまくってる今日このごろ。

遅くなったけど下の記事について。
診断結果、明らかな障害は認められないということでした。ただ、集中力持続の困難、聞き慣れない言葉、複雑な事象についての聞き取り能力、という点が弱いということでした。言語能力、視覚的なものは強いそうなので、それで補っていけたらと思います。

検査結果がわかって、まずはほっとしました。もし発達障害と診断された時は、今の職場を辞めるつもりだったからです。
しかし、結果はボーダーではあるものの健常者(この言葉使うのもどうかな)ということで。
心理士の先生が、本当に親身になってくれて優しかったというのもあり、涙が出そうになりました。
私も普通になれるんだ、頑張れば、私も普通の人のようになれるんだ、と、希望が沸いてきました。(この時点で、当時の私の劣等感や不安が異常だったことがわかります…w)

それから、生まれ変わった気持ちで、頑張ろうという気になれました。今も少し回復して、ミスも減った気がしますw
やはり、病院は行ってみるものです。

それにしても、広くて新しくて、ステキな病院だったなあ。

診断は受けたものの、集中力低下が怖いので、現在もダイエットという名目で低炭水化物療法を続けてはいます。女でよかった。やはり食べ物変えると違う気がします。
そんなわけで、最近はパルスイートを使ったプリン作りにハマってます(*^o^*)

さて。
一応健常者と診断はされたものの、発達障害と健常者の線引きは非常に曖昧です。とりわけADHDは、見分けがかなり困難だと感じます。(AS、PDDとはまた異なります)
したがって、私自身、ADHD当事者の気持ちは体験したつもりです。かなり傾向はありますし、どうして出来ないの?と聞かれるつらさ、わかっているのに出来ないもどかしさ、悔しさはわかるつもりです。
いずれ、同じ人々を手助けできるようなことができたらと思います。もっと勉強しなくては。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。