楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプの吹奏楽バトル漫画、SOUL CATCHER(S)が熱い!


SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)
(2013/09/04)
神海 英雄

商品詳細を見る
※ファンタジーバトル漫画ではありません、吹奏楽漫画です。

週刊少年ジャンプで連載しているSOUL CATCHER(S) が、今、熱い!!

おおまかに内容を説明すると、心が「見える」能力をもつ主人公、神峰翔太が、人の心を掴む演奏をするサックス奏者、刻阪響とともに吹奏楽部でさまざまな問題を解決しながら、指揮者を目指す話である。

主人公の神峰は、人の心が見えてしまう故に人間関係がうまくいかず、人と関わることを避けてしまうようになっていた。だが、その考えが刻阪との出会いをきっかけに変わることになる。
高校1年の文化祭で、刻阪の練習中の音を偶然耳にした神峰は、その演奏に自分の「心を掴まれて」しまい、講堂へ行き刻阪たち吹奏楽部の演奏を聴く。すると、周りの人間の「心」が演奏という「手」に「掴まれて、揺さぶられて」癒されていくのを目にする。刻阪の演奏は、多くの人の心を揺さぶり、感動させていた。しかし、刻阪は「自分の演奏が届かない人がいる」と神峰に悩みを打ち明ける…。そこから始まる物語である。
1巻もさっそく重版されたということで、この漫画の魅力を紹介させていただく。

まずキャラクターがよい。
前作とは違い、明らかな悪役が出てこない。ライバルは出てくるものの、相手もプライドを持った1人の天才なのだという描写だ。一人ひとりのキャラが立っていて、かつ魅力的である。
何より特筆すべきは、主人公である神峰のキャラクターのまっすぐさである。
最初こそ後ろ向きであったものの、絶望の淵に沈んでいる人間を救いたいという思いやりの心、ずっと避けていた苦手なものに立ち向かっていく時の勇気、現状を変えたいという一生懸命さが描写されており、かなり王道的に主人公をしていると思う。あらゆる場面でガタガタ震えたり汗だくになったりと、もうコミュ障MAXなのだが、音楽の楽しさに目覚めだして無邪気に喜んでいたり、葛藤しつつも勇気を振り絞って問題に立ち向かっていく様は、なんだか応援したくなってしまう。

更に、ストーリー構成の緻密さにも着目したい。
一話一話の内容が濃い。コミックス1巻分には7話収録だが、日常パートや息抜きパートはほとんどなく、部内のエピソードに焦点を絞ってきている。毎回終わりには次回への引きを用意してあるのも、続きを期待してしまう要素のひとつだ。主人公の能力は「心の可視化」だけであって、それが何を表しているかまではわからない。(そういう意味では少年漫画版のホムンクルスともいえるかな?)そこに解釈の余地が残っているため、誤解をしてしまったり後から「ああ、こういう意味だったのか!」とわかることがあるのも面白い。更に、伏線が所々に散りばめられており、ストーリーがよく練られていることがわかる。

個人的なことを述べさせていただくと、先々週まで本誌でやっていた忍先輩、邑楽先輩のエピソードがとても好きだ。努力を重ねても結果が出ず、努力を諦めてしまった邑楽先輩が、神峰の指揮によってトラウマを克服しながら力のある演奏をする忍先輩とともに、自分の小さな部屋を壊し青空を見上げるあのシーンは、胸にぐっときた。

このあとの展開としては、天籟ウインドフェスにて優勝を目指す所までは行くのだろうが、その前に部内のパートリーダー攻略が残っている。作者は短い話数でうまくまとめているので、どの程度続く話になるかはわからないが、できるだけ長く続いて欲しいものである。
共感覚を持つライバルキャラ、そしてまた違った共感覚の持ち主も現れ、今後の展開に注目である。みんな応援してね!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。