楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むなしき歌にして― GRAPEVINE/Empty song


Empty song (初回限定盤)Empty song (初回限定盤)
(2014/11/19)
GRAPEVINE

商品詳細を見る


バイン移籍第一弾シングル!
というわけで、やたらプロモーションが多い今回ですが、ようやく新曲を聞けました。

01.Empty song
02.KOL
03.吹曝しのシェヴィ

表題作「Empty song」は、疾走感のあるロックサウンドにどこか切ない歌詞を載せたナンバーとなっています。
これは田中さんの歌詞制作のスタンスのことなのかな?と。「優しき歌」にしてしまえば、「身を汚して」しまうことになる、というのが面白い、というからしいな、と思います。そうしてしまえば、一瞬誰かと繋がった気になって満たされるけど、それは一時的なことで、ずっと残ってはいかない。底抜けに明るいわけではないけれど、「むなしき歌」にして、身を焦がしていく方を選ぶ、というような。移籍第一弾にふさわしい、真摯なナンバーになっているかなと思います。
そして田中さんの伸びやかな歌声が心地よいです。ボーカリストとしてますます力をつけていますね!

田中氏としては「KOL」をシングルに推したそうですが、確かに今までにありそうでなかった曲調で、ちょっとした中毒性があります。「過去のことは過去にしてしまえ」という前向きな歌詞ですが、「いつか恋は終わる」と相手に言われてしまう、という少し物悲しい?歌詞となっています。西川さんが「どれだけ抜くことができるか難しかった」と言っていましたが、確かに力の抜けた、楽しい気分になってくる曲です。ですがやはり最後のあたりの畳み掛ける演奏は圧倒されますね。

「吹曝しのシェヴィ」は移籍前に作ったものだそうで、確かに今までのバイン節を踏襲し、更に円熟したものとなっています。ギターサウンドが心地よく、なんとなく情景が浮かんできます。
「止まった時間がまだ/終わったことにしないのさ」という通り、過ぎ去った過去に対して区切りをつける気持ちがありつつ、自分の中でまだ残っている、という印象を受けました。なんとなく震災をイメージしたものとも捉えられるかな、と個人的な印象。

どの曲も毛色が違って、何度も繰り返し聴いてしまう、名作となっているのではないでしょうか。
~~~~~~~~~~~
初回限定版はDVDがついています。
LIFETIME再現ライブから「いけすかない」「スロウ」「光について」、そしてVideoVINEというおじさん3人がVTRを見ながらゆるいやりとりをするというものが収録されています。
やはりライブに定評のあるバンド。文句なし。ちょっと我侭を言うなら「望みの彼方」とか見たかったな~。
VideoVINEは、ファンなら必見ですw西川アニキの絶対領域…w

スポンサーサイト

GRAPEVINE club circuit2014 仙台darwin

愚かな者ツアーから約1年半ぶりのバインライブへ行ってきました!
この日は何の日でしょうか? そう、西川アニキの誕生日!!(^O^)
というわけで、始まる前からとても楽しみにしておりました。番号は200番台。立ち位置が変わったと言われていたため、左側のアニキ前らへんを確保。

01. ふれていたい
02. 想うということ
03. Good bye my world
04. ぼくらなら
05. discord
06. KOL
07. うわばみ
08. 1977
09. 吹曝しのシェヴィ
10. Neo Burlesque
11. ANATA
12. 片側一車線の夢
13. YOROI
14. Empty song
15. Metamorphose
16. ONI
17. CORE
18. 風の歌
-en
01. 鳩
02. 豚の皿
03. 放浪フリーク
↑どこか忘れてしまったけど、光についても。

アニキの誕生日効果もあり、もう大盛り上りでした!!
「アニキー!!」「アニキかっこいいー!!」とあちらこちらからアニキコールw
普段はなりを潜めていたアニキファンがここぞとばかりに自己主張wそしてアニキも珍しくMCをしてくれました。
最初の曲が終わってから「おめでとうアニキ」と田中さんから紹介あり、会場拍手!!
西川さん「いつもこれくらい拍手してください」ww

アニキ前だったから余計にかもしれないけど、バインの魅力のひとつというのはあのツインギターにあるなと再認識しました。演奏はもともと素晴らしいけど、年々パワーアップしていますね。
「ふれていたい」始まりはなかなかの盛り上がり。腕を振り上げている人も何人かいました!
「ANATA」の田中さんの声の伸びやかさには聴き惚れてしまう。最後のサビの前、右手で指揮のような動きしてました。
「Metamorphose」では替え歌してたのかな?(聞き取れなかった)
「discord」は高校の頃から好きな曲ですが、ライブではあんなにかっこよくなるんですね!
「Goodbye~」「CORE」のディープゾーンはもう、たまらなかった!!演奏と音に心酔してトランス状態になってしまいそうなほど。この感覚は本当に不思議で、アルコール度数の高い酒を飲んだかのようになる。最高。
「ONI」は好きな曲で、ライブでやってくれたことに感激!かっこいい曲ですよ!ドラムの音とライトの点滅が連動して、雰囲気が出ていました。
そうそう、「Goodbye~」の時、アニキがフロントに出てきてギターソロ弾いた時は会場が沸きました!!
「片側一車線~」での田中さんの楽しそうなことよ。これって「here」「少年」から続く系譜の曲だと思うんだけど、前向きな曲ですよね。
「YOROI」はもはや半ば定番曲と化していますねw柵の時は「オッ出た出た!」「あれが噂の柵か!」みたいな感じでみんな待ってましたモードだったのが笑った。なかなかの盛り上がりでしたよ!
「風の歌」はとても好きな曲で、9月のパーマでも聴いていたのですが、やはり何回聴いてもいい曲です。最近よくやるけど、もしかして移籍があったから?なんつって。(別れの歌だよね)

新曲はシェヴィが好印象かな。でもKOLのクセのある感じはいいし、Emptysongの聴いていて気持ちいい抜け感はよかった。

アンコールでは「○○のアニキ」と仙台名物呼びされる。萩の月のアニキ!一ノ蔵のアニキ!笹かまのアニキ!
田中さん「お前らがアニキアニキ言うから、アニキもうギター弾かへん!」
えーっ、からの「鳩」!アニキはスネアドラム。結構鳩って、お客さんも乗りやすいんだね。みんなで手拍子でした。
田中さん「アニキ…ANK45」と呟き、西川さんも思わず吹き出してしまうみたいな場面は会場も爆笑w
「次の曲行きづらいなw」からの「豚の皿」。赤い照明に照らされ、演奏される豚の皿は本当に怖くて雰囲気あってたまらないです。
最後はアニキ曲の放浪フリークで締め。これもとても好きな曲なのですが、爽やかで満ち足りたいい終わり方でした。

MCネタ。
田中さん「お前らの期待してることは言わんからな!次新曲でーす!とか言わんからな」→「次は新曲!Emptysong!」の、いややるんかーーーい!のツッコミ待ちMCなど。
田中さん「新曲のMVも一分半くらい公開されてます…MV(ミュージックビデオ)ってようやく言えるようになった。昔はPVやったもんね?」
→「あれ?ピンときてない?年寄り(w)向けに話してるつもりなんやけど、意外と若い人多いのかな」の世代ネタなどw

LIFETIMEのパンフレットもリーダーのインタビュー載ってたので買ったけど、当時、リーダーと田中さんて仲良さげだと思ってたけど、リーダー的にはそうじゃなかったんだ。近親憎悪的な…とかヘェ〜と思った。
それでも今も良好な関係が続いているようで、本当にリーダーはバインの守護霊リーダーなのだなとしみじみ。

細かい所で。田中さんが後ろに行って何か確認しようとした時に(セトリ?)紙か何かが落ちてしまったんだけど、拾おうとするスタッフに笑顔で「ええよええよ」と言ってたのが好感度ちょっと上がった(ちょろい)
そんなわけでバインはやっぱりライブバンドとしても最高なのでした!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。