楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも僕はやってない

これは傑作だろ…

テレビで見たんでノーカットじゃないんだけど。加瀬亮の演技もいいし、役者陣がみんな合ってるしバッドエンドなストーリーもいい(まだ続きそうな終わり方だけどね)。

日本の裁判制度、警察のやり方っていうのがまだまだ発展途上でおおいに問題があるというのがよくわかりました。演出過剰という人もいるけど、何も知らない人にわかりやすく見せるってことではよかったと思います。駅員も取り調べもいろいろひどいけど、あれが現実なんだよなぁ。女の子を叩く人もいるけど、問題はそこじゃないんだよ。実際に被害に遭ってる人だってたくさんいるんだし、今回の映画のテーマはでっち上げや痴漢そのものへの批判ではなくて、司法制度に対する問題提起なわけだから。
バッドエンドなのは胸糞悪いけど仕方ないよなぁ。ハッピーエンドにしちゃうと「やっぱり無実は無罪になるんだ!」って思っちゃうから。冤罪がテーマなんでね、あの終わり方は秀逸だったと思います。
しっかし改めて言っちゃうけど加瀬亮の演技がすげぇ!泣きそうになりながらキレるのとか、判決を言い渡された時の表情が消える瞬間とか。他の作品も見てみたくなりました。

自分が裁いてほしいと思うやり方で裁いてください、という最後の言葉が印象的でした。

追伸:その後のロスタイムライフが思いのほか面白かったw
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。