楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんとやんなきゃ素敵な未来がどこかへ逃げちまうのかなぁ

「そのままでいいんだよ」という人と「それじゃダメだ」という人がいて、私は前者に甘えたいんだけれど、それじゃダメなんだろうなぁ…
変わることは悪いことではないです。でも果たして私が変われるでしょうか。

虚構の中で遊んでられれば私は幸せだったんです。だけど本当の幸せは他にあるとわかっていました。わかってはいたけど、私が簡単に手にすることができないのもわかっていましたから、敢えて追及もしませんでした。これは言い訳ですか。
人と触れ合い心を晒し合う快楽を享受できる人間は果たしてこの世にどれくらいいるんでしょうか。本当はみんな、アホ面して幸せなフリしてるだけなんじゃねえかとたまに思いますがきっとそれは違うんでしょう。
ということはやはり私が異常なんでしょうかね。私がマイノリティで劣等で社会から弾かれた哀れな人間ということでしょうかね。

ちゃんとやらなきゃちゃんとやらなきゃと気持ちばかり焦って計画も立たずまた今日も1日が過ぎていく。劣等生である私は努力をしなくては人並みにまで浮上できないとわかっているのに。偽物の精神疾患と脳障害が私を苦しめます。本物になれれば誰か同情してくれますか?私の苦しみをわかってくれますか?

でもそれは、私が望む未来とは違うと思う。

私が本当に、本当に望んでいることは



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。