楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OKコンピューター

昨日からずっとフルリピートでレディオヘッドを聴いているわけだが。
いいのぅ~。
日本語歌詞付いてないから歌詞全ての意味はわからないけど。
田中さんが「日本語訳見ないで聴いてて、所々聞き取れる英語から歌詞を勝手に想像して、自分のテーマソングにして泣いたりしてた(笑)」って言ってたしさ。洋楽だからこその楽しみ方だよな。

そういえば中学の頃、ビバルディだかバッハだかの曲を聴いて、ストーリーを作りなさいって授業があったんだけど、あれは新鮮だったね。歌詞もないし、作られた背景もわからないのに、曲調や音のみからどんな想いや意味が込められているのか想像するという。結構わかるもので、みんな悲しいストーリーを思い浮かべたんだけど、実際その曲は戦争中の街を憂えた(だったかな?)悲しい曲だったのです。

だから、歌詞に捕らわれずに曲によって想像力を膨らますことも面白いよね。歌詞にこだわる人は何かを代弁して欲しい気持ちがある、ってこれまた田中さんが言ってたんだけど、確かにそれはあるんだよなぁ。まぁ私もそうだし歌詞がいらないわけはないけど、単純に音や演奏を楽しむのもまた一興ということで。

そんなわけで、最近のおいらはなんだか知らんがとても音楽が好きなんだわ。なんでだろうかねぇ。不思議だわい。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。