楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扉を開く時

扉
(2004/03/31)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


この感動を私は何と表したらいいだろう…。
感動、或いは感慨、衝撃…いや、それ以外の余計な言葉はむしろ不要かもしれない。魂が根底から突き上げられ震えたとでも言おうか。「扉」を開いた瞬間、好き嫌いではない純粋な感動が全身を駆け巡った。涙よりも鳥肌に近い、胸を侵食していく楽曲たち。
開けてしまった。知ってしまった。洗練されたサウンドと幾重にも広がる宮本の歌声と歌詞。感覚の渦に飲み込まれそうだ。

動画で「ドキュメント・扉の向こう」を見ていたため、「きっとすごい出来のアルバムに仕上がってるんだろうなぁ」と思ってはいたが、これほどとは思わなかった。森鴎外の名が出てくる「歴史」、キャッチーなメロディーに独特の世界観を載せる「化ケモノ青年」、両親への想いと自分の理想を痛いほどに滔々と唄う「地元の朝」、美しいアコギが響く「傷だらけの夜明け」、壮大なロックチューンの「パワー・イン・ザ・ワールド」…どれを取っても圧倒的で、私はしばし目を閉じて聴き入った。
宮本の歌声は、日常に澱んでいる、余分な脂肪や澱のようなぬめった誤魔化しを削ぎ落としていくようだ。

あまりこういう言葉を使うのは好きじゃないのだが、敢えて言わせてもらいたい。天才、と。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。