楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ漫画家

ちょっと出遅れたけど書きたかったので。

小学館が人気漫画原画を紛失、著者が賠償求め提訴
「週刊少年サンデー」に連載された人気漫画「金色(こんじき)のガッシュ!!」の原画5枚を紛失したとして、著者の雷句(らいく)誠(本名・河田誠)さん(33)が、発行元の小学館に330万円の損害賠償を求める訴訟を6日、東京地裁に起こした。
 訴状によると、同作品は2001~07年に連載され、テレビアニメ化もされた。連載終了に伴い、雷句さんは小学館から原稿の返却を受けたが、カラー原画5枚の行方が分からなくなっているという。
 雷句さんによると、小学館からは紛失の賠償金として計50万円を提示された。しかし、雷句さんは別のカラー原画をインターネットオークションに出したところ、1枚平均約26万円で落札されたことなどから、原画1枚を30万円と算定、慰謝料も合わせて請求することにした。
 雷句さんは「漫画家は作品に情念を込め、時間をかけて描き上げている。原画を軽々しく扱われたのは許せない」と話している。
小学館広報室の話「訴状が届き次第、きちんと対応する」
2008年6月6日読売新聞より



「金色のガッシュ!」は私も以前好きだった作品で、コミックスも集めましたしアニメDVDも買いました。
途中からだんだん読まなくなってきてしまいましたが、ついこの間最終回を迎えた時はやはりどこか寂しい思いがありました。
今、サンデーはお茶だけ読んでますが、道士郎を切ったり久米田が移籍したりして「なんか糞だな」とはなんとなく思ってました。それが蓋を開けてみるとひどいのなんの。雷句氏の6月6日の記事を読んでいただくと、詳しい内容が読めます。毎回のように繰り返される遅刻や脅し、暴言など、度重なる数々の失礼な言動が、雷句氏を「提訴」までさせてしまったのでしょう。片方を読むだけで判断するのは危険だと思いますが、他の漫画家の間でも、サンデー編集部に対していい話は聞きません。
 小学館を離れた漫画家は実は雷句氏だけではなく、「快感フレーズ」の新條まゆ、「WILDLIFE」の藤崎聖人などがいます。ここまではっきり「○○では書かない!」と宣言される出版社も珍しいです。藤田和日郎も一度離れて、懇願されて今回戻ってきたらしいですし。
 編集の酷さについては、新條まゆのまゆたんブログに詳細な内容が載っているので引用。

>新條が新人の頃その人に、ネームを床にばらまかれ、
>「こんな漫画じゃ商売にならないんだよ!」と足で踏みつぶされました。
>「お前はウジ虫みたいな漫画家なんだから、
>ウジ虫はウジ虫なりにない知恵しぼって漫画描け!」とも言われました。
>「お前はどう努力しても連載作家にはなれない」
>と言われて、なんの才能もないけれど、努力だけは自信があった、
>でもその努力すらダメなのかと絶望して、泣いたこともありました。

>ある時、「こういう話はもう描きたくない。この連載は違う方向で描いて行きたい」と相談したところ、「だったら、この連載は終わり。次はこの雑誌に移って」と編集長に言われ、
>「じゃあ、後は担当と話して」と編集長は帰ってしまいました。

>悩んで、悩んで、小学館を離れる決心をしました。それを担当に告げると、
>「だったら、いままでの出版物を全部絶版にする!」と言うので、

>「編集者が安い給料で仕事してるのは土日は何があっても休めるという保証があるからだ!
>あんたたちは高い年収もらってるんだから寝ないで仕事しようが遊ぶ時間がなかろうがかまわないけど、こっちの休みまで奪うな!」と言われたことがあったからです。

>おまけに「頭がおかしくなってる」と言われ、むりやり連載を1回休まされました。



 この態度は酷すぎるでしょう。人を人とも思わない、奴隷のような扱いです。
 当たり前ですが、漫画家のおかげで漫画誌は成り立っています。(もちろん編集、印刷会社、各広告会社などさまざまな人が協力して成り立っているというのは前提として。)この「描かせてやってるんだぜ」という横柄で傲慢な態度は社会人として、いや人間としておおいに問題だと思います。「描かせてやってる」のではなく、「協力」していい漫画、面白い漫画を作っていくのが漫画雑誌の仕事なのではないでしょうか。彼らには、漫画に対する愛情が感じられません。そして、仕事のパートナーとなる漫画家に対する敬意が微塵も感じられないのが胸糞悪いです。
 はっきり言って、今まで途中からつまらなくなったり、最初から意味なしエロばかりの漫画を描くのは漫画家のみに原因があると思っていました。心の中でクソ扱いしていたりしました。でも、それは大変な誤解でした。心よりお詫びしたい気持ちです。確かに「言いなりにならなければもう描かせない」と脅されたら、納得いかないものでも書かないわけにはいかないでしょう。漫画が好きであればあるほど尚更、です。たかだか編集者がしゃしゃり出て、思い通りに書かなければクビにするだとか、漫画に無理やり出演しようだとか、おこがましいにも程があります。
 編集者が漫画家の原稿紛失するだけのも問題ですが、まぁよくある話のようですし、そこは強く責められません。私もよく物をなくしますwしかし、何より問題なのは彼ら編集者の態度でしょう。特に酷いのが「焼きたてジャぱん」、「WILD LIFE」担当だった冠茂です。前述した「自分を漫画に出させるよう命じた」編集とは彼のことです。それも天才美形キャラとしてw

 ジャンプの集英社も打ち切りサバイバルレースが厳しいですが、漫画家との関係や漫画賞のコメントなどを見ると、漫画に対する愛が感じられます。面白いものを作るために、どんどん新陳代謝をよくしていかないといけない。最近はジャンプも助長的な長編が続いていますが、「犬夜叉」「コナン」「メジャー」が未だに続いているサンデーの比ではないです。(犬夜叉は今週で最終回を迎えたけど)
 そういや問題になってる「少女コミック」も小学館だなぁ。確かに漫画に対する愛情や情熱があれば、あんな「少女漫画」を放置しようとは思わないもんなぁ。まぁこうなってくると彼女たちも、描きたくて描いてるのかおおいに疑問ですね。
 とにかく!
 雷句頑張れ!私は応援している!
raiku


雷句誠が小学館を提訴まとめ
雷句誠の今日このごろ。
j-castニュース:週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか
アルファルファモザイク
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。