楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米で反日史観映画 「レイプ・オブ・南京」下敷き 年明け発表

ニュースイザ!より


★米で反日史観映画 「レイプ・オブ・南京」下敷き 年明け発表
【ワシントン=山本秀也】米国の大手インターネット企業「アメリカ・オンライン」(AOL)のテッド・レオンシス副会長(50)が、南京事件(1937年)に取材した映画「南京」(仮題)を制作し、年明け以降、発表する。ドキュメンタリー作品の体裁だが、史実の認定は反日的な歴史観で知られる中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏の「レイプ・オブ・南京」を踏まえているとされる。公開されれば来年70周年を迎える同事件や歴史問題をめぐり、日本の国際的立場に深刻な影響を与える可能性もある。

 制作情報をまとめると、「南京」は事件に関連した記録や事件関係者への取材映像に俳優のナレーションを織り交ぜる構成で、「欧米人が語る南京事件」に重点が置かれる。音楽はグラミー賞を受賞したロック界の大御所ルー・リードが担当するという。
 作品は来年、米国内で開かれる映画祭で発表の予定だ。米紙ワシントン・ポストによれば、中国市場に向けてDVDの販売が計画されるほか、国営中国中央テレビ(CCTV)が作品放映権を獲得しているという。南京事件に関心を抱いた理由について、レオンシス氏は、保養中に読んだアイリス・チャン氏の自殺(2004年)をめぐる古新聞の記事がきっかけだったと同紙に説明。これまでの報道では、作品がチャン氏の「レイプ・オブ・南京」をベースにした内容となることが強く示唆されていた。
 華僑消息筋によると、レオンシス氏は10月末、東部メリーランド州で開催されたアイリス・チャン氏を記念する論文コンテストに来賓として出席し、「南京」の制作状況を報告した。論文コンテストは、米国を舞台に反日宣伝を繰り返してきた中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」が主催し、論文約430点が寄せられた。
 南京事件を扱った映画は、中国、香港でこれまで多数制作された。今年初めに上海紙「文匯報」が、米国のクリント・イーストウッド監督が「南京・クリスマス・1937」を制作すると伝えた話は事実無根だったが、事件70周年を控え、中国内外で新たな作品の制作が伝えられている。
 レオンシス氏は、AOLの事業モデルを有料インターネット接続事業から広告収入主体に転換した米国の有力企業人。北米プロアイスホッケー(NHL)の人気チーム「ワシントン・キャピトルズ」のオーナーを務めるなど、娯楽スポーツ分野でも知られる。
                    ◇
【用語解説】レイプ・オブ・南京
 中国系米国人の女性著述家、アイリス・チャン(中国名・張純如)氏が1997年に発表した南京事件に関する著作。同事件で旧日本軍が市民約30万人を虐殺、女性2万人から8万人を乱暴したなどと論じたが事実誤認や写真の誤りなどが多数指摘された。日本語版の出版は見送られたものの、米国内では現在もロングセラーとなっている。


うーーーーん、まじかよ。あの眉唾もんの本を映画化…なんだか大変なことになっちゃいました。そもそもあの南京事件自体が、あったかなかったかわからない曖昧なものなんです。あったという確実な証拠も、なかったとする確実な反証もないようなもんなんです。だから本来教科書に載せるべきことじゃないと思うんですが・・・。

さて、なぜ今さら反日映画が、しかもアメリカで?と疑問に思う方も結構多くいらっしゃると思います
私は、その背景には「日本が悪者になると得をする国」が結構いるから、というのが一つ、絡んでいるんじゃないかと思います。

中、韓・・・言わずもがな
アメリカ・・・原爆を落とした自国を正当化したい
ヨーロッパ・・・列強揃い。自分達だけ悪者になりたくない(黒人奴隷化、ホロコースト)

・・・などなど。あとはもちろん、イラク戦争に対する非難を軽減したい、親中反日勢力がいる・・・など、いろいろな思惑が絡んでいるようです。

そもそも南京大虐殺とは何なんでしょうか?
 定義としては、1937(昭和12)年12月13日の南京陥落の翌日から6週間の間に、女・子供を含む南京市民や無抵抗な中国軍兵士の捕虜(国民党、現台湾政府軍)を含む約30万人が殺害されたとされる事件。
だそうです。しかし・・・

南京大虐殺はウソだによれば・・・
昭和13(1937)年12月13日、
南京陥落時の人口は一般市民・・・約20万人、中国軍兵士・・・約3.5~5万人
とのこと。

ん?20万人しかいない人間を、30万人殺した?
おかしくない?
このことが、南京事件を胡散臭く思わせる要因の一つです。本当にあったかもしれないのだから事実を伝えればいいものを、針小棒大でどんどん数を増やしていってしまうかの国。これについては、以下の点ではっきりしているようです。

この61通の文章は徐淑希博士の「南京安全区襠案」とマンチェスター・ガーディアンの特派員ティンパーリーの戦争とは何か」(What war means : the Japanese terror in China : a documentary record /compiled and edited by H.J.Timperley)の中に全文がおさめられており、東京裁判にも証拠書類として提出された。
 この全文の中に、3回にわたって、「安全区内の難民の総人口は20万人である。」と記述されている。
 米副領事のエスピーの本国への報告にも、またラーベ委員長のドイツ大使館への報告にも、「南京の人口は20万人」と報告されている。



リンクを辿っていろいろな資料を読めば、南京「大」虐殺がどんなものだったか、それぞれの中で出来上がっていくと思います。
私としては、南京事件と呼ばれる残虐行為はあったのかもしれませんが、30万もの数だったというのは否定する、というスタンスです。しかし、どーにも・・・一ヶ月以上に渡って殺人を繰り返すなんて出来るかなぁ?と思うんですよ。
そこまでのファイトも残虐性も、当時(今もだけど)の日本人は持ち合わせてましたかね?戦争と言う異常な状況の中で集団ヒステリーを起こしたのかもしれませんが、ちょっと信じられません。


参考リンク
中國問題(文のみですが、質疑応答の形で詳しく丁寧に書かれています)
プロパガンダ写真研究所
★★★南京大虐殺は本当にあったのか?★★★(「まぼろし派」による掲示板です…ちょっと右よりですが、なかなか論理的な意見が出ていると思います)

関連語句
「従軍慰安婦」「東トルキスタン問題」「文化大革命」


amazonから
「南京虐殺」の徹底検証 「南京虐殺」の徹底検証
東中野 修道 (1998/08)
展転社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。