楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いやつらは裏でニヤニヤ

愚痴っす。














普段は優しいこと言ってるくせに、いなくなった途端に悪口大会。吐き気がする。気持ち悪いやつら。
でもその中で愛想笑いしてる自分にも心底虫酸が走る。きっと私も同じように言われてるんだろうに。
悲しい性だね。あれほど忌み嫌っていたものに身を堕としていた。合わせてしまうのは私の弱さだね。
本当にだめだああいうの。誰が悪いでもないけど、そういう所は誰にでもあって、その部分だけ気持ち悪い。彼女の言ったように、邪悪な部分に侵食されてしまいそうだ。

楽しくもないのに愛想笑い。辛くても笑顔でいなければならない。不自然極まりないね。
果たして私は嫌われないようにと何度謝ったでしょうか?

女って怖いね。自分が情けない。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。