楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄目人間の不条理世界―「権現の踊り子」町田康

権現の踊り子 (講談社文庫)権現の踊り子 (講談社文庫)
(2006/04/14)
町田 康

商品詳細を見る


町田康の書く小説は、もはや「小説」という固定観念を突き抜けて、独自の世界観を作り上げている。
名前や設定からまったく現実的ではないのに、どこか「こんなことってあるかも」と思わせる。
話は「権現の踊り子」ほか「鶴の壺」「矢細君のストーン」「工夫の減さん」「ふくみ笑い」「逆水戸」の六篇。
オチというオチはないかもしれないが、過程にこそ苦悩と困惑と笑いが詰まっているものだ。ネーミングの独特さにも表れているが、本当に独特で流れるような文体で書かれていて面白い。そもそも表題作の「権現」って、辞書に載ってる権現ではなく市の名前なんだよね。

出てくる人間、出てくる人間、みんな駄目人間な感じで非常に脱力してしまう。「工夫の減さん」の減さんなんてまさに、工夫して状況を改善させようとして自分で自分の首締めてしまうし、「権現の踊り子」は貧困な時代の貧困な町の貧困な人間の話だし。
「ふくみ笑い」は主人公の妄想かとも思ったけど現実に周りが含み笑っているのかもしれない。でもああいう風に周りにバカにされているかもと思い込み始めると、確かに主人公のようにくおーっという気持ちになるのはわかる。ぎょんべらむ。どの話も決して現実的ではないのにとてもリアルだと思った。
水戸黄門のパロディの「逆水戸」は声を出して笑ってしまった。出だしから「馬鹿みたいな新緑が芽吹いていやがった」とか、なんで風景にキレてるんだよwと吹いてしまった。これも黄門様は人助けしないし人望もないし、うっかり八兵衛は悩んでるし、悪役も締りがないし。この中では一番読みやすかったかもしれん。
ユニークで型破りな小説。短編集なので、手軽に読めるかも。

個人的に「矢細君のストーン」が、エレカシの宮本さんと石くんみたいでお気に入り。ヒコーキノッタラ、オレシンジャウヨ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。