楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭ゲバ面白かったズラ

松ケンかっこいいよおぉぉぉぉぉおお~!

久々に見る鬱ドラマ。
女王の教室以来か。見る前から楽しみにしてたけど、期待以上にシビアな出来で目を離せませんでした。

「金のためなら何でもするズラ」の言葉通り、主人公の風太郎は金を溜め込むことが唯一の生きがいである青年。
なぜかといえば、ありがちですが少年時代に母を貧乏ゆえに亡くしてしまったからなのです。この父親が最低な奴で、酒呑んでは金をせびって暴力をふるうのです。この時の暴力が原因で風太郎は左目を怪我してしまいます。
そして風太郎は金のために優しくしてくれた近所の兄ちゃんを撲殺してしまい、大人になってからも金を盗もうとした元同僚も殴り殺してしまいます。まさに「金のためなら」人も殺すという非道っぷり。
そして少年時代に侮辱された三船一家と再会し、家を乗っ取ろうと計画する…というのが今日までの内容。(濃すぎる)
風太郎は派遣社員?なんですが、仕事の底辺っぷりというか、現実の薄ら寒さがリアルで、世の中の陰の部分をまざまざと見せつけられた感じです。それと子役の少年の演技がすっごく良かった!

原作通りだとかなり悲惨な話になるみたいなので、ドラマではちょっと変えてくるのかな?
とにかく次も見ます!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。