楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は誰でもリアリティ抱えたまま旅をしてる

米粉ドーナツ食べてぇええええ。


いやー久しぶりに学校やめる友達と会って楽しかった。ほんと元気になったみたいで良かった!
やっぱり人生、ストレートで行く人ばかりじゃないし人それぞれ過去があって、それに縛られて苦しむこともあるけど、誰でも元気でいてほしいね。特に今まで人のために苦労してきた人には幸せになって欲しい。善人には幸福を。

自分が思っていた以上に「普通」の人なんていないんだなと、今日改めて思った。「普通」の定義なんて曖昧だけど。
暗い過去や話題(特に家庭のことは)を話すのはタブーのようになっているけど、むしろもっとオープンになるべきなのかもなぁ。勿論同情を買うがごとく傷を安売りするのもヤらしいけど、でもそういう事情が深ければ深いほど、やっぱりそれだけ本人に及ぼす影響って大きいし、その人自身考えていることも多いと思う。
だからそれを話すことは、少しでもその人の理解に繋がるだろうし、話してくれた方が嬉しいことも多いと思う。
胸の内を正直に話したって、そんなに簡単に誰も離れてはいかないんだよね。

私自身も行動する前に考えてブレーキ踏んじゃうことが多いけど、思うままに動いた方がスッキリするし後々いいんだよね。難しいけど、自然に出来るようになるよう頑張ろう。


リアリティ/GRAPEVINE
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。