楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にたくない 尻を振れ

空気を読むって何なんだろうね。

本音を言うこと、自分を偽ること、人を労ること、人を傷つけること。
イコールになってるものはどれなんだろう。

本音を言ったら追い詰められる状況が人の口を閉ざしてしまっている。
意見の違いを笑うことのできない狭量さが人を追い詰めている。
ある人にとっての常識が、他の人には非常識に映る。

「そんなことわざわざ言うなよ」の反対側は「なぜ私が我慢しなきゃいけないんだ」になる。
溜めれば自分が苦しい。口に出せば相手に睨まれる。
私と相手のどっちのことなのかは不明。

一緒にいて疲れるのは虚構を演じてるから。「使えない」と判断されれば容赦なく冷遇されそうな、道具扱いの上っ滑りの優しさをどうしても感じてしまう。自分のことじゃなくても、誰かのことを見下して罵ってる人は怖い。それが悪い人じゃなければ尚更。

他のことはともかく、倫理観は合わなければ本当に壊滅的に終わる価値観だと思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。