楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京伝説―狂える街の怖い話

東京伝説―狂える街の怖い話 東京伝説―狂える街の怖い話
平山 夢明 (2003/11)
竹書房

この商品の詳細を見る


ついつい、また買ってしまった。
気持ちが悪くなるとわかっていて手に取らずにはいられない、不思議な魅力がこのシリーズにはある。

今回は、怖いというより哀しい話が多かった。最後の方の「プリンのおじちゃん」「万引き屋」は…胸にじんわり込み上げるものがあった。万引き屋については結構いい話で、後味は悪くない。
普通の(といっては何だが)あっちにいってしまった人々の話の他に、今回はクスリ、売春などについての話が多い。男性にはかなり「痛い」話もちらほらだ。

都市伝説の焼き直し的な話も含まれており、うごめく~ほどの衝撃は受けなかったが、それでもなかなか秀逸な作りになっていると思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。