楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失明した俺の瞳はただの色を光に変えるだろうか

実習中に患者さんのベッドサイドのテレビでオードリーが映っててドキッとした。「私も頑張らなきゃー」とちょっと元気を貰いました。でも一番元気貰えるのは患者さんからの暖かな笑顔だよ。
でも私は大事な何かを見落としてしまってる気がするんだよな。何なのかわからない。見えない自分が嫌だ。見ないようにしてきたから見えなくなってしまったのかな。先生にも何も言われないのが怖い。精一杯向き合ってるつもりですが、足りないのかな。小手先だけなのかな。
自分のことはわからないからね。

心の目が欲しい。見逃さないようにしたい。
理解させようとしてくれてるのに理解できないのはつらいなぁ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いろいろ考えた末に…変えられると思うよ。

失明すること光を失うって言うけど、物理的な問題で言うだけで、精神的に光を失うわけじゃないと思うのね。その人次第…。俺、音遊びすんだけど、目で追ってるとピッチ合ってなかったり、リズムとれてなかったりすることよくあんのね。そういう時、目つぶって弾くのね。そうすると、だんだんわかってくんのね。心の目ってそういうのに近いもんあんじゃないのかなって思う。見逃しちゃうってあるいみ見過ぎちゃってんじゃないのかな?あまり見よう…見つけようとせずに、ちょっとばかり、目つぶってみんのもいいんじゃないかな?なんか、見えてくるかもよ。

らすてぃ | URL | 2009年06月04日(Thu)10:19 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。