楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のオードリー若林の活躍が目覚ましい件について

・ドリームマッチ09 真夏の若手芸人祭り 優勝
・ダイナマイト関西 ヤングマスター 準優勝
・言語遊戯王4 優勝

 と、目覚ましい活躍をしている若林氏。目立った賞レースとかではありませんが、着々と実力を認められているようで嬉しいです。
 ダイナマイト関西では春日もなかなか正統派の大喜利をみせたらしく、結構いい所まで行ったみたいですね。で、二人ともスリムクラブの真栄田氏に負けてしまったとか。(放送されないんでレポ頼みなんですよーもったいないなぁ)   →参考リンク:これって、ナナメなの?
 無冠の帝王、という言葉がありますが、オードリーはその通りまったく賞レースとは無縁で、それこそM-1での準優勝以前にそういった受賞経験はありませんでした。まー、以前の彼らのネタの出来を考えると、当たり前といえば当たり前なんですが
 だから帝王って言葉を使うのはまったく違うと思います、はい(笑)
 そういった賞と縁もなく、テレビにも出れなかったオードリーが、ここに来てブレイクして実力面でも認められているような活躍を見せているのは感慨深いものがあります。彼らを見ていていつも思うのは、「継続は力なり」ですね(笑)

 買い被りかもしれませんが、オードリーはこれから伸びしろがまだあると思うんですよ。特筆すべきは春日の成長っぷりでしょう。正月に比べると、今は随分無茶ぶりに対しても返せるようになっていますし、以前若林が説明していた部分も自分で語れるようになっています。これは芸人としては当然のことなのかもしれませんがw、ここまで誰かの成長をリアルタイムで目の当たりにしたのは初めてなので驚いてます。
 二人とも大喜利においては優秀ですし、お笑いとしての実力も少なからず持っていると思っています。ただ見せ方がわからなかっただけで。更に自分の出演した番組を録画して見返すという真面目さ。そして若林は上に書いたように、ネタを作る方として優秀さを認められてきているようで。(ハードルが上がることは本人には厄介でしょうがw)

 一過性のブームで消えてしまった人はたくさんいますが、彼らがあの真面目な性格でこのまま成長を続ければ、おのずと生き残っていくでしょう。この下半期、もっと言えばM-1でどう見せるかが勝負となってくるのではないかと思います。
 オードリーの場合、どっちの方が面白いとか片方だけいれば面白いってことではなく、コンビとして揃うことで初めて物凄く面白くなるコンビだと思います。1+1が10になる、みたいな。だからこれからどうなるかとても興味があります。これからどういった姿を見せてくれるのか、楽しみです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。