楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝】オードリーANN & 新番組レギュラー!!

★オードリー、10月より『オールナイトニッポン』パーソナリティに
ニッポン放送は8日、秋改編の目玉として深夜の看板番組『オールナイトニッポン(ANN)』(全国35局ネット)の新パーソナリティに人気お笑いコンビ・オードリーを起用することを発表した。10月10日より毎週土曜日の深夜1時から3時までの2時間、彼らのフリートークが炸裂する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000019-oric-ent



★「病み上がりかーすが! 日テレに力貸したい」 インフルから復帰
 新型インフルエンザの疑いがあるA型インフルエンザに感染し、休業していたお笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(30)が8日、日本テレビの新コント番組「ぜんぶウソ」の記者会見に出席した。(中略)
 番組は10月3日深夜0時50分から日本テレビ系で放送。オードリーのほか、お笑いコンビのサンドウィッチマン、U字工事、お笑い芸人の鳥居みゆきさんらも出演する。DVDは11月27日に3990円で発売。
        uso
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000022-maiall-ent


いやぁ…嬉しいね…!!今日は素晴らしいニュースが2つも飛び込んできました。個人的にも嬉しいニュースがあって、本当によかったなぁ、という思いです。

以下、若林氏のどろだんご日記より引用(現在非公開です)

>その最終回に「決まってるんだ」というセリフがあって
その「決まってるんだ」というセリフをぼくは 運命とか宿命のようなものだと捉えています
どんなに努力しようが抗おうが 決まっている運命

運命に抗おうと 流れと自分を変えようとリングに上がった春日さんですが
試合内容は 終始 圧倒されていました

試合後、春日さんは落ち込んでいました
リングに上がって何かを大きく変えるつもりが
春日さんはリング上でさらに臆病な自分に出会っただけだったようです

「決まってるんだ」
これはやっぱり
「決まっているんでしょうか?」
  (中略)
リングの上はこのクソのような時代の象徴のような
冷笑主義 無気力 万能感  とは無縁だった
したがって
使い古された言葉だけど  リアル だった

闘っている最中の人達に
「決まっている」かどうかなんか 考える余地も無さそうだった


客が0人、二人の声だけが響き渡る漫才会場。
繰り返す「解散」押し問答。
誰にも相手にされず、置物状態でピンクベストを着ていただけのネットテレビ。
社員にも仲間にも反対されたズレ漫才。

それが、遠い昔のようです。

時代が変わったのか? 彼らが変わったのか?
おそらく両方でしょうが。
「決まっている」――これは私も、まったく同じことを思ったことがあります。生まれつき決まっていること、環境で形成されたもの、備わっている才能、人間性、それに見合った、それだけの価値しかないような痩せこけた運命。もう決まっていて、覆すことなんて出来ない。追い詰められた人間が陥る思考回路ですね。諦観のようで、ある意味逃げでもある。

でも彼らを見ていると、「決まっている」運命なんてないのかなと思えます。

「どんなに努力しようが抗おうが、報われない運命」なんてないのだと。
闘っている最中の人間は、「決まっている」なんて考えない、と締めた若林。
彼らにはいつも、勇気をもらっている気がします。
「闘っている最中」の、真摯に頑張ってきた二人が、眩しくて仕方ない。

メビウスの輪からドロップできなかった、苦い過去。
それを越えて、越えて、越えて、流した涙はいつしか
一筋の光に変わり、虹色の明日へ続いていくんでしょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。