楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰る場所はどこ?―「FURUSATO」

FURUSATOFURUSATO
(2009/10/07)
ゆず

商品詳細を見る


 「ここ最近のゆずを知りたいんだけど~」と言われたらこの一枚で事足りる!そんな盛りだくさんのアルバムです。振り幅の広さ、「ゆず」の脱皮に括目せよ!
 これ、とにかく内装が凝ってるのよ!箱型にブックレットとCDが入ってるんですけど、その箱の内側がブックレットにある小屋の内装になってて、窓や脚立に立つ人の写真になってる。(わかるかな?)つまり、箱の内側にも仕掛けがあるということです。
 今回はインストが3曲。シングル曲も多く、印象としては「ゆずえん」みたいな感じでしょうか。北川さんも言っているように、コンセプトアルバムのように全体的にまとまっている印象です。

 つくづく思うんですが、北川さんは本当に曲を作るのが天才的。シングル曲聞いてもらえればわかると思うんですが、キャッチーでドラマチックなメロディは財産ですよ。そこに二人のハーモニーが重なる。これ最強っす。
 かといって、曲は一人だけでいいというわけではもちろんなく、「ゼンマイ」「二つの言葉」のように岩沢さんにしか作れないような曲もゆずを支えている基盤の一つです。いいバランスです。

 何度も言いますがシシカバブーと虹は本っ当に最高です!ゆずの集大成と言っていいくらい。個人的にはもう「これ以上はもう出ないんじゃないか?」ってくらいの域に達してしまったな、と思ってます。
 他アルバム曲も「はるか」「みらい」などのふるさとを髣髴とさせる曲、「レストラン」「二つの言葉」のようなしっとりしたラブソング、「スーパーマン」のようなアップテンポな曲など、さまざまです。どれも曲としての完成度が高い。「みらい」のような曲は一見すると重くなりがちで、今までのそういった曲は壮大で軽くは聴けない部分がありました。でも、今回はある程度フラットというか、いわゆる「名曲」ではあるんですが重くならずに聴きやすくなっています。その辺りも注目です。
 個人的には「ゼンマイ」が特に好きだなぁ。繰り返されるアルペジオが美しく、吸い込まれそうな独特の雰囲気を醸し出しています。これは岩沢さん独特の世界ですよ。静かに始まりだんだん壮大になっていくのもいい。

 bridge、あまりにいい内容だったので買っちゃいました。
 本当に最近のゆずは「ゆずの声」という感じです。
 以前は作った本人が主に歌うことが多かったのですが、最近はシシカバブーに代表される共作や、「逢いたい」「虹」などのように北川曲にもかかわらず岩沢メインの曲が目立ちました。
 前作「WW」から特にハモリが調和していっている印象を受けたんですが、本当に「北川」「岩沢」でなく「ゆず」としての歌声が誕生している気がしています。生意気なことを言いますが、本人たちもおっしゃっているようにWWを出さずにルーティンワークのまま続けていたら今の脱皮はなかったのではと思います。
 心強いのは、二人の視点がずれていないということ。他のスタッフとはずれても、二人の歩幅が合っていれば、そしてそれを本人たちが確信していることが強いなぁと思います。

  ゆずがゆずに還っていった、「ふるさと」へ帰ったのを実感するアルバムでした。


============

 余談として。
 最近の岩沢さんの歌詞は以前あったような毒気が抜けて和やかになっています。「スーパーマン」なんて顕著ですが、あの毒気が好きだった身としてはちょっと寂しいかな。でもそれだけ「ゆずらしく」はなってるんだろうなぁ。
 あとスーパーマンの横の岩沢さんの写真wwスーパーイワサワか?w
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。