楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男児ベンチ転落死、「市に責任なし」逆転判決

ソース:読売新聞

千葉市動物公園で同市内の男児(当時1歳7か月)がベンチから転落して死亡した事故を巡り、男児の両親が公園を管理する同市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が14日、東京高裁であった。

 太田幸夫裁判長は「母親が男児に付き添っていれば、負傷する危険性はなかった」と述べ、同市に約1190万円の支払いを命じた1審・千葉地裁判決を取り消し、原告側逆転敗訴の判決を言い渡した。

 判決によると、男児は昨年4月、1人で動物公園のベンチに座っていたところ、バランスを崩して後ろ側に転落。後頭部に、植え込みの枯れ枝が刺さり、同年5月に脳挫傷で死亡した。

 1審判決は、同市の管理責任を認めて賠償を命じたが、この日の判決は、母親がベンチから約1・5メートル離れた場所にいた点を重視し、「幼児がバランスを崩した際に、保護者はすぐに危険を回避できる場所にいるべきだ」と指摘した。


うーん、久々に妥当な判決ですね。
ご両親の気持ちもわかるけど、さすがにこれは市に責任を求めるのは無理があるでしょう。まだ一歳だったのだから常に親がついている必要があるし、枝があったのは不運としか言いようがない。
子供は頭が重いから、バランスを崩しやすいんですよね。それも考慮して、親はついていてあげなくちゃならない。
常識はずれの判決が相次ぐことが多い中、今回のような判決が出ると妙に安心します。

亡くなったお子さんのご冥福を心よりお祈りします。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近、無責任・・・、

最近、無責任な親が多すぎるよね~まっ、無責任と言うか、注意が足りんと言うか危機意識が低すぎるのかね~千葉市の動物園のベンチから転落し男児が死亡した事故の控訴審で逆転判決が出た(詳しくは、こちらとかを見
[続きを読む]

サカナのふるマチ | 2006年12月18日(Mon) 08:09


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。