楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜ラジオが面白い

 オールナイトの記事について反応が大きいなぁと思ったら、「オードリー ANN」でGoogle検索すると一番上に出てくるんですねこのブログ(笑)
たいていは「オールナイトニッポン」と表記されてるようですね。

 ところで、最近ラジオを購入して綺麗に聴けるようになって、ようやくラジオの面白さに気付き始めたところです。テレビとは違った雰囲気がたまらないですね。ちょっとアングラで下ネタで「作られた感」があまりないという印象です。(実際は進行の仕方やコーナーなどもきっちり管理されているんでしょうが)
 一番大きい違いはやはり「パーソナリティの生の声が聞ける」「出演者が少ない」という点じゃないでしょうか。
 テレビでは一部の深夜番組などを除きほとんどが多数の出演者で占められ、番組内容もVTR中心であったり、クイズやグルメなどの情報中心であることが多いです。結果、どんな人が出ていてもワイプ出演が多く、埋もれてしまったりまったく目立たなかったりすることも少なくありません。
 一方でラジオは出演者が5人を上回ることはほとんどなく、どの出演者もほどほどに目立ちます。また、生のラジオの場合は収録ではカットされてしまうような地味な話や番組の裏話なども聞けます。テンションが低くても許される分、より本音に近い話が聞けるのも魅力でしょう。
 何より大きいのが「ラジオ職人」の存在です。このリスナー参加というのは非常に大きい比重を占めています。この職人がつくか否かが、ラジオの面白さを左右すると言っていいかもしれません。
 有名なのがナイナイのオールナイトニッポンですが、コーナーの充実っぷり、職人の優遇っぷりからもいかに注目されているかがわかります。以前やっていたゆずのANNでも、何人か面白い職人さんが生まれ、現在はラジオの構成作家(だったっけ?確認してみよう)になったりしています。

 まー、ヘビーリスナーラジオっ子の方には「知ったか乙」「にわか乙」されそうな内容を書き綴りましたがw、要はそれだけラジオ面白い!好き!ってことです。
 オードリーのしゃんオジはだんだん面白くなってるし春日は普通に自分を「T」呼びするし、来週のゲストは二人とも大好き夙川アトムくんだし、ANNはANNでちんこダイニング若で若林はひぇっひぇっ笑って進行できなくなるし、アメフトトークは聞けるしで素晴らしいね。
 時間配分と鬼門の電話コーナーは課題ですが、これからに期待。もっとハジケてくれー。

 そしてそして!ゆずのラジオ(ANNかは未定ですが)が復活します!!
 ゆずのラジオまで聞けるようになるとは幸せすぎる!楽しみだなー。 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。