楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もいない学校

午後から勉強しようと思って学校に行ったんですが、生協も食堂も閉まってて、本当に誰もいないんですよ。木枯らしは吹いてるし空は曇りで薄暗いし、心細い気持ちに。
時空の歪みに迷い込んだのかと思ってしまいました。※1
創立記念日だったのね。


※1:時空の歪み…オカルト板で有名なネタ。時空のおっさんともいう。

でもこの妄想を膨らませるとワクワクしてきます。
建物はそのままで誰もいない世界(ドラえもんの独裁スイッチみたいな)に迷い込んで、誰かを探すが本当に人間が見つからない。心細い気持ちで途方に暮れると目の前に見知らぬおっさんが!(あまり親しくないクラスメイトでもいいな)
おっさん「ここはお前の住む世界じゃない」
主人公「あなたは一体…?」
見た目はホームレスにしか見えないが、実はこのおっさんは時空管理者で時空の歪みがどーのこーの。

まぁ二番煎じなんですけどね☆


詳しくはこちらを参考に。興味深い話。
http://occult4cica.blog50.fc2.com/blog-entry-78.html
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。