楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間性コンプ

人間性だけは生まれもったものだから、豊かな人がうらやましくて仕方ない。

自分の性格に対してのコンプが強いなぁと改めて自覚。みんな優しい人で本当にありがたいけど、自分と比べてあーあという気持ちになる。
なんで私はこんなに気がつかないんだろう?優しい人間じゃないんだろう?みたいな。

小中学校の頃、いつくらいか忘れたけど、授業でお互いのいい所を書くってのがあったんです。
私の所に書かれてたのは「絵がうまい」ばっかりでした。
他の人には書かれてた、例えば「優しい」とか「面白い」とか、そういった性格的なことがほとんどなくて、すごい落胆したのを覚えてます。

そっかぁ、やっぱり性格で褒められる所ないのかぁって。

優しさも明るさも面白さも謙虚さも足りない。
じゃあ私から能力的なことを差し引いたら何が残るんだろう?
それでも私と友達でいてくれるんだろうか?って、猜疑心が募る募る。

「本当はみんな私なんか嫌ってて、でも優しいから相手してくれてるんじゃないか?」

狭い学校だったんで、好きな人じゃなくても必然的に付き合わなきゃいけないんですよ。だから余計に考えちゃいました。
運動音痴だから、足手まといだったしね。でも誰も冷たいこと言わなくて。それが余計怖かった。

みんなが本当はどう思ってたのかなんてわからないし、被害妄想的な考えだったとは思いますが。


いつか、反省会しないようになりたいな。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。