楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ語り足りないM-1についていろいろ

 今だから思うのかもしれないけど、去年のM-1はオードリーナイトだった気がします。

 今田「自信のほどは?」
 春日「なきゃ立ってないですよここに」


 もうこの時点で、空気は完全に掴んでいました。
 実は去年のM-1はながら見で、適当にしか見てなかったんです。というのも、M-1、もっと言えばお笑いそのものに対して辟易していたからです。
 M-1自体の納得いかない人選であったり、黒い噂であったり、マンネリであったり。そういうもので少しうんざりしていました。また、1年前の私は音楽に夢中だったので、お笑いからは離れていたのも原因です。
 当時はエンタ出身のキャラ芸人全盛期を少し過ぎたころで、オードリーを初めて見たときも「ああ、またキャラ芸人かー」と思ったものです。私は正直言ってあの使い捨てのインスタントキャラ芸人風情が嫌いだったので、つまらない世界になったなぁと思っていました。(これはもちろん芸人さん本人ではなくエンタのPが原因ですが)M-1の最終決戦を見ても、途中から見たせいか特に感動もありませんでした。

 でも、2008年のM-1から、私の「つまらなかった」世界が変わり始めます。

 贔屓目も入っているのですが、オードリーやナイツ、U字工事は、それまでの一発ギャグキャラ芸人という流行を塗り替えたのではないかと思っています。彼らにはネタがある。漫才がある。そしてそれを挨拶として使うことができる。そして、M-1というでかい賞レースに裏打ちされた本丸も隠し持っている。
 大きな違いは「ピン」ではなく「コンビ」ということ。「一発ギャグ」よりも「コンビ芸」が注目される時代へとトレンドが変化したのです。これは今後どのように流れていくのか、見る価値はあるのではないでしょうか。…とは大袈裟すぎ?w
 ともかくこのオードリーの登場によって、私の世界は大きく揺さぶられました。知るほどにわからなくなる、知るほどに好きになる、もっと知りたくなる、神がかり的な返しに期待したり未熟さに落胆したり、かと思えば予想の斜め上を行ったりする。

 今年、彼らの選択はすべて正解でした。敗者復活からの壮大な流れ、2本目の冒険したネタ選択、ANNのお試し、フライデーのタイミング、24時間TVでの立ち位置、CMの仕事、インフルにかかるタイミング、そして何より礼儀正しさ。
 この流れは理屈じゃない一つの止められない流れというもので、そこにうまい具合に乗ったんだと私は考えています。追い風、というのでしょうか。だからこの流れは来年以降、どうなるのかわかりません。迷信めいたことですが。
 だからこそ、その先のオードリーがどうなるのか見ていたい。消えたらそれまで、浮上したらすごい!ということで。

 話は戻って今年のM-1。
 オードリーの口からはっきり理由は明言はされていませんが、彼らは不参加でした。
 私はオードリーのファンなので、出る番組はほぼ全部チェックするんですが、彼らを追いかけてると今どれだけ多忙を極めているかわかります。(いや、わかってるつもり、ですね。)
 だから、彼ら自身がM-1に出ないのは納得しています。若林は直前まで出たい気持ちはあったようですし。
(そんな多忙な中、隙間を見つけて新ネタを作ってくれた若林に感謝。そして50日間休みなしでクマ作っても全く愚痴を言わずに全力投球の春日に感謝!)
 塙だか若林だか忘れましたが、一つの漫才というのは最低でも50回はお客さんの前でやってようやく形になるといいます。揉まれて練られて出来上がっていくのだと。今年のオードリーがそのレベルに到達するには、あまりに場数が少なすぎた。
 だから、賢明な判断だったと思っています。中途半端なものを見せるよりは、潔かったと。

 それ以前に、もう売れてしまったコンビが枠を一つ潰してしまうとしたら、それは粋じゃないですよね。
 だから「逃げた」とか言われると腹が立ちます。

 そしてU字工事に関して。
 彼らの敗者復活のネタは見てないので判断できないんですが、U字に来てほしかった。
 彼らはいつも、オードリーの一歩先を行ってて。たけしさんの前での漫才も、文化放送のラジオも、レギュラー番組が決まるのも、BSの冠番組もすべて先。
 だから今回も、「一歩先」を行ってほしかった。
 益子のブログを見ていたら切なくなったので。ハマカーンも最後だったんだよなぁ。そのことが残念です。

 でも、今回のパンクブーブーも笑い飯も素晴らしかった!!
 来年も楽しみにしてます。いつか三拍子、磁石が上がってくるのを信じて。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。