楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人が宮司を脅迫、神社を乗っ取るも刑事告発

参考:特定アジアニュース痛いニュース

神社本庁の役員会が十二月七日に開かれ、平成十九年度一般会計予算大綱などが協議されたほか、本庁業務検討委員会が提出した第一号報告書、京都府内の神社に関して公正証書原本不実記載罪で刑事告発したことが報告された。
(中略)
★ 本庁が刑事告発
報告事項では、京都舞鶴市内の神社において、宮司を強迫の上、代表役員変更登記が行われた事件が発生したことから、神社本庁が刑事告発したことの説明があった。
神社庁の調査によれば、被告発人は「同神社の土地を買い取ったので、神社を潰す」などと言って宮司を強迫。被告発人らが総代会を開き、韓国人三人を新役人に選任している。
脱税を目的とした神社乗っ取りと見られ、十一月二十二日には、同神社の社務所・石鳥居が撤去されたことが確認されている。


ソース:神社新報

神社


リンク:神社新報社神社本庁

PCに触れなかったせいで出遅れましたが、やはりこれを記事にしないわけにはいくまい。
こ れ は ひ ど い 。
神社、そもそも神道は日本の民族宗教なんですよね。あんまり宗教とか思想とか詳しくないんですが、これは他国の文化に対しての冒涜ですよ。こんなことが許されるのか?普段あまり意識していなかった人でさえ、強い怒りと不快感を抱いたといいます。
特亜ニュースさんの記事を見ていただければわかるんですが、本当に鳥居が見るも無残に破壊されておりまして…痛ましい限りです。
脱税目的に、他国の文化を平気で破壊するなんて最悪です。もちろんこれが万一日本人であっても非難轟々だったでしょうが、最近の彼ら-韓国人の動きは常軌を逸していますよ。

奴らに神罰がくだらんことを。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。