楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングルームに冗談を

立て続けにお笑いDVDを見て笑顔になった数日。
今まで音楽で救われてきたけど、思いっきり笑いたい時には限界があるから。

改めて、アンタッチャブル柴田の失踪(と呼んでおく)はつくづく惜しい。
コンビとしてはお互い同等の魅力を持ちながら、バラエティへの適応にお互い差が出てしまったコンビだと思う。
腹よじれるほど笑う芸人てそんなにいないのに、この2人の漫才がもう見れないというのは残念すぎる。ほんとに。

あと昔のバラエティの方が無茶で下品でくだらなくて最高な気がするのはただのノスタルジーか?

ザブングル、やっぱり好きだなー。特に技巧がすごいとかじゃないんだけど、顔芸オンリーてわけでもないし。なんか知らんけど笑っちゃう。
「呆」の最後のやつは総集編でちょっと感心。


嫌なこと忘れて腹抱えて笑ってみるのはいいことだと思ってる。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。