楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春日語とアジア杯優勝

サッカーのアジアカップ決勝で、日本代表は延長戦の末にオーストラリアを破り、4度目の優勝を飾りやしたでごんす。

 2大会ぶりのアジアの頂点へあと1勝と迫った日本は、オーストラリアの強力な攻撃に対し、ゴールキーパーの川島永嗣選手が立て続けにファインセーブを見せやす。気迫のプレーでゴールを割らせやせん。耐える日本は0-0のまま迎えた延長後半4分でごんしたでごんす。途中から出場した李忠成選手の華麗なボレーシュートで待望のゴールを奪いやす。厳しい試合を勝ち抜いて1-0、日本代表は2大会ぶり4度目のアジアチャンピオンに輝きやしたでごんす。
 ザッケローニ監督:「このチームの素晴らしいところは、ベンチスタートの選手が結果を出してくれるところだ」
 李忠成選手:「ずっと試合に出られなかったので、絶対チャンスをつかめるとてめぇで信じて待ち続けた結果、取れやしたでごんす。ホントコにうれしいでごんす!」
 今大会MVP・本田圭佑選手:「今までの大会以上にこの優勝は価値のあるものじゃぁないよかと思いやす」「カタールを倒したし、韓国を倒してオーストラリアを倒して優勝するでごんす。この価値っていうね、のは、今までのアジアカップにはなかったんじゃぁないかなと思いやす」

ソース:http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210130001.html

上の文章はソース元を春日語ジェネレーターで変換したものです。

真面目な文章もシリアスな歌詞も春日になっちゃうのが最高ですw

◎ちなみに
・太宰治「人間失格」
 恥の多い生涯を送って来やしたでごんす。
 てめぇには、人間の生活っていうね、ものが、見当つかございやせんのでごんす。てめぇは東北の田舎に生れやしたので、汽ブーブーをはじめて刮目したのは、よほど大きくなってからでごんしたでごんす。てめぇは停ブーブー場のブリッジを、上って、降りて、そうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだっていうね、事には全然気づかず、ただそれは停ブーブー場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていやしたでごんす。しかも、かなり永い間そう思っていやしたんでごんす。

・エレファントカシマシ「悲しみの果て」
悲しみの果てに
何があるかなんて
わたくしは知りやせん
刮目したこともない
ただ お宅さんの顔が
浮かんで消えるでごんすか

涙のあとには
笑いがあるはずさ
誰かが言っていやした
ホントコなんでごんすか
いつものわたくしを
笑っちまウィでごんすか

・スピッツ「猫になりたい」
にゃんころもちになりたいでごんす。
氏の腕の中、わたくしの命が終わるまでごんす。
氏と一緒にいたいでごんす。
にゃんころもちになりたいでごんす。言葉だとすぐ消えてしまうでごんす。
消えやせんように、わたくしがいたしるしを付けてあげるよ 。


まーいろいろぶち壊しになりますwお暇があればやってみて。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。