楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず「2-NI-」

今までありそうでなかったタイトルのアルバム。曲通して聴いてみて納得な印象。「1人ではなく2人で」いること、できること、がテーマな感じ。アルバムテーマは「Hey和」に集約されているのだろう。

「HAMO」「1か8」「代官山リフレイン」「第九のベンさん」が好きだ!
以下さらっと感想↓

「HAMO」:ハーモニーの略。「1」「リアル」的な壮大な曲だけど、なんというか変化球。圧倒される。北川さんが言ったように最初と最後が2人だけのハモリなのがいい。
「1か8」:一か八かってことね。岩曲ではビジネス以来のヒット!ひねくれてる感じ面白い。
「代官山リフレイン」:黒歴史の頃が懐かしく思える日もある。切ない歌詞。変わりゆく中でも変わらないでいるもの、っていうのは北川さん昔からのテーマなんかな。
「第九のベンさん」:イロモノかと思いきや正統派なロック調のカッコイイ曲!お気に入り。

DVDも良かった。2人で作り上げてるんだなぁってのが伝わってきて、胸がじわ~とした。私がこういう気持ちになるのは彼らだけだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゆず、いいですね。

夏色、すきですよ~~。

ゆっくりゆっくり、くだってく~~。

とく | URL | 2011年03月26日(Sat)22:43 [EDIT]


>とくさん
コメントありがとうございます!
ゆず、いいですよね。高校からのファンなんです(笑)
夏色がやっぱり有名ですよね。明るくなれる曲ですよね!

mitu | URL | 2011年03月27日(Sun)15:47 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。