楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日 中正紀念堂ほか 再見、台湾…

最終日。

・中正祈念堂
蒋介石をたたえて建てられた建物です。
台湾の人にとって、蒋介石ってどんな存在なのかな、とずっと思っていたのですが、こうした建物を見るに慕われているようです。しかし、「建国の父」とはいえ、遺骨はいまだに完全に台湾の地に埋められてはいないそうで、中国の引き取りを待っているような、保留状態であるとのこと。複雑や…
IMG_4054.jpg
建物の下の格子は雲を表わしていて、「雲の上の人」という意味合いらしい。

中はこんな感じ(天井)
IMG_4069.jpg
IMG_4071.jpg
後ろには学科、主民、論理と書いてある。
やさしい顔してはる。
IMG_4072.jpg

免税店に立ってた蒋介石と息子の人形。キュート。
IMG_4048.jpg

・総督府
IMG_4080.jpg

1919年(明石元二郎総督時代)、総統府は日本人により建てられました。昔の東京駅と同じつくりだそう。
これはバスの車窓からしか見てないので詳しくはわからないですが、立派な建物でした。

そこからすぐに桃園空港まで行き、帰路へ。
さようなら台湾。今度来るときは、もっと台湾語を勉強して来るからね!
そして杏仁豆腐と小龍包を食べる!
再見!!いい旅でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。