楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気を使いたいんだろーSyrup16g/Hurt


HurtHurt
(2014/08/27)
syrup16g

商品詳細を見る

ついにきたよ!!\(^o^)/
シロップ6年ぶりの新譜です。祝!再結成!というわけで感想。

全体的な印象としては、なんというか憑き物が落ちた感じというか、刺々しい毒が身をひそめて、後ろ向きながらも穏やかな曲調になっています。
〈曲目リスト〉
1. Share the light
2. イカれた HOLIDAYS
3. Stop brain
4. ゆびきりをしたのは
5. (You will) never dance tonight
6. 哀しき Shoegaze
7. メビウスゲート
8. 生きているよりマシさ
9. 理想的なスピードで
10. 宇宙遊泳
11. 旅立ちの歌

個人的に気に入っているのは、思考停止が唯一の希望と歌う「Stop brain」、切ない内容をメロディアスにのせた「ゆびきりをしたのは」、心地よいサウンドに揺れる「宇宙遊泳」。
それはそれで、「生きマシ」のサビは癖になるし、「イカホリ」のダウナーで物悲しいサウンドには中毒性があるし。「理想的なスピードで」の幻想的でゆったりとした曲調には吸い込まれそうな魅力があるし。
ほんと、どの曲もいいです。捨て曲なし。音もいいし、歌詞も一発ぐっとくるフレーズが入っていて。核となる曲はないものの、全体を通して飽きずに聴ける、名盤だと思います。
特に「旅立ちの歌」からは五十嵐氏の喜びが伝わってくるようです。「もうあり得ないほど嫌になったら逃げ出してしまえばいい」という言葉もポジティブに聞こえます。

以下気に入ったフレーズ↓
・居場所無いのは常識で為す術なき風前の希望(Stop brain)
・そんな理由で自分傷つけるのは何で(メビウスゲート)
・Inside 誰かしら Outside通じ合っちゃうね Inside隠れても Outside無駄です(宇宙遊泳)→ひょっとしなくてもInsideOut意識してんのかな?
・安心だけはしない 死ぬまで(理想的なスピードで)→「生活」を彷彿とさせるなぁ…

そんな感じで、なんだか不思議な中毒性のある、とてもよいアルバムです。
最後に。
「泣いてる?」とからかわれて「意味がわからない、馬鹿じゃん」と答える五十嵐氏を想像したらなんか笑ってしまった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。