楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南京大虐殺は捏造。支援求む」保守系有志ら”真実の映画”製作

■伝えたい「南京の真実」 保守系有志ら映画製作へ

昭和12年、旧日本軍が日中戦争で南京を攻略した際、「南京大虐殺があった」との立場で
描いた映画「南京」の上映が今月18日から米国の映画祭で始まった。
これに対し、保守系の有志らが「南京大虐殺は政治的陰謀のでっちあげ」とする
ドキュメンタリー映画「南京の真実」の製作に乗り出す。

映画「南京」は事件当時、現地に滞在していたドイツ人ビジネスマン、ジョン・ラーベ氏の
残した日記を踏まえ、製作された。映画では犠牲者の数が「20万人以上」とされている。
今年はほかにも中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏のベストセラー
「ザ・レイプ・オブ・南京」を下敷きにした米英中の合作映画など、5本程度の「南京大虐殺」映画
が封切られる予定だ。

ただ、チャン氏の著作に対しては、「掲載された写真は中国国民党の宣伝担当による
捏造(ねつぞう)で、南京大虐殺を証拠立てるものは存在しない」(東中野修道亜細亜大教授)
など保守論壇からは否定的な見方が相次いでいる。

映画「南京」のストーリーに反発する、衛星放送テレビ局「日本文化チャンネル桜」(東京都渋谷区)
社長で映画監督の水島総さん(57)は「ありもしない『南京大虐殺』が歴史の『真実』とされるのは
納得がいかない。このまま何の手も打たず、日本の国際的なイメージが悪化するのは見過ごせない」
と映画の製作を思い立った。

水島さん自らがメガホンを取り、当時の生存者の証言やフィルムなどをまとめ、今夏までに完成させる。
今年は南京攻略から70年。南京が陥落した12月に合わせ、劇場公開と世界への配信を目指す。
水島さんは「国内外の誤った歴史認識を改める道を切り開きたい」と話している。

24日に映画の製作委員会を発足させ、製作資金の支援を一般に求める。問い合わせは同委員会準備室へ

ソース:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/35842/

参照リンク:チャンネル桜

2ちゃんねるでもニュース速報+、東アジアニュースはじめいくつかスレが立っています。

これは大いに期待したい!!!
若干遅すぎた間はありますが、何もやらないよりは断然いいです!あっちがあれだけ自信満々にでっち上げてるんだから、我々もそれなりの態度をとらなくちゃならないのは当然です。

しかし、支援しようにも具体的に何をどうしたらいいのか…
とりあえずホームページに飛んでみたのですが、うーん…掲示板も登録制だし(まぁ一部の人が荒らしそうだから仕方ないか)どこを見ていいのか分からないー…(汗)
せっかくなんだからトップにでかく「要支援!あなたの力が必要です」とか載せればいいのに…
でもそうしない辺りが「日本」の心を伝えるための「チャンネル桜」なのか…もしれない…。

そもそも私はチャンネル桜なる保守系放送局があることも知らなかったんですがね。スカパーとか加入しないと見れないらしい(涙)せめてBSとかで見れるようにしてほしいよ。
とりあえず私に出来ることはこの件を多くの人に伝えることだ!といきり立って更新してみました。

日本の未来に栄光あれ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。