楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界洋菓子大会で日本パティシエチーム優勝

洋菓子

■パティシエ日本人チーム優勝・世界洋菓子大会

リヨンのシラ国際外食産業見本市が22日開いた洋菓子コンクールで日本チームが優勝、世界一のパティシエ(菓子職人)の栄誉に輝いた。10回目を数える同大会で日本が優勝したのは2度目。欧米などの20カ国が参加する世界最高峰の大会で日本人パティシエの技を見せつけた。

 優勝したのは市川幸雄さん、長田和也さん、藤本智美さんのチーム。あめ細工、チョコレートの皿盛りデザート、氷彫刻の3部門で独創的な技術を発揮し、2位のベルギー、3位のイタリアに大差をつけた。同大会は各国の代表選考予選を勝ち抜いた菓子職人3人でチームを構成し、技を競った。(リヨン=野見山祐史)

http://smartwoman.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=20070123ay001n1

おぉー!なんかすごい嬉しい!
やっぱりなんていうか、日本の味覚はレベル高いよね。…っていうのは身内の欲目だけど(笑)、日本のやわらかくてまろやかな舌触りのケーキ食べると本場フランスのケーキはちょっと固い、ってよく聞きます。ステーキ逸話もありますが(笑)、やっぱり日本のお菓子って美味しいよね。

最近は苺のチョコがよくありますが、明治のショコライフのとちおとめはまじでおすすめ。あと名前忘れたけど苺の形のチョコの中に練乳クリームが入ってるやつも本当おいしい!
ご賞味あれ~。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。