楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず 「春風」

春風 春風
ゆず (2007/03/07)
トイズファクトリー

この商品の詳細を見る


発売から一週間近く経ってしまったが今更レビュー。

「春風」は、ゆずの路上時代、まだデビュー前に作られた曲であり、10年もの間未発表になってはいたものの、ファンの間では根強い人気を博していた。
それが10周年を遂げた今、世に出る形となったのを心より祝したい。

個人的に岩沢さんの歌声が少ないのがやや残念だが、岩沢さん独特のあたたかで切なさを感じさせるメロディーを北川さんの唄声が辿り、とても優しくあたたかい一曲になっていてとてもいいと思う。更にバイオリニスト葉加瀬太郎氏の演奏も加わって、深みのある美しいメロディーが奏でられている。それによって「春風」の良さが引き立てられていると思う。

c/wである「スナフキン」も北川さんのキャッチーでありほっとする曲調に二人の声が乗っかって、のどかでふんわりとする一曲になっている。「春風」に合うように考えた、と雑誌で言っていた北川さんの言葉が思い出された。

とても良い一枚。買え、とまでは言わないので、ぜひ聴いて欲しい。

*豆知識*
「春風」は岩沢氏の作詞作曲にもかかわらずなぜ北川氏メインかというと、当時の岩沢氏には思い入れが強すぎて自分では歌えなかったためらしい。とはいえ、ANNなどで岩沢氏自身が歌ったこともあるそう。
実はこの「春風」、「心の音」「地下街」と共に三部作になっている、という説があるが、
三部作の曲が異なる、「遊園地」も含まれる、などさまざまな諸説があり、真偽は定かではない。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。