楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慟哭」 貫井徳郎

慟哭 慟哭
貫井 徳郎 (1999/03)
東京創元社

この商品の詳細を見る


胸を抉る悲しみと絶望。
軽い粗筋は、連続する幼女誘事件の捜査が難航し、若手キャリアの捜査一課長佐伯が窮地に立たされる…といった内容。マスコミに追いかけられたり、子供に嫌われたり、政治的に利用されたり、本当にひどい境遇だ。
これも「殺戮に至る病」と同じく、章ごとに語り手の視点が変わっている形式だ。新興宗教も絡めて、事件の内容に深く入っていくのだが、私は個人的に新興宗教絡みのミステリーが好きみたいなのでドキドキしながら読んでしまった。引っかからないようにしたいもんである。
トリックは結構最初の方から読めたが、なかなかうまい伏線の張り方だなあと思った。それにしても気の毒すぎる。読み終わってから、「慟哭」というタイトルが、これ以上ないくらい胸に迫る。少し泣いてしまった。

救いのない終わり方だったが、読み応えがあった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。