楽観的日和見主義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプの吹奏楽バトル漫画、SOUL CATCHER(S)が熱い!


SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)SOUL CATCHER(S) 1 (ジャンプコミックス)
(2013/09/04)
神海 英雄

商品詳細を見る
※ファンタジーバトル漫画ではありません、吹奏楽漫画です。

週刊少年ジャンプで連載しているSOUL CATCHER(S) が、今、熱い!!

おおまかに内容を説明すると、心が「見える」能力をもつ主人公、神峰翔太が、人の心を掴む演奏をするサックス奏者、刻阪響とともに吹奏楽部でさまざまな問題を解決しながら、指揮者を目指す話である。

主人公の神峰は、人の心が見えてしまう故に人間関係がうまくいかず、人と関わることを避けてしまうようになっていた。だが、その考えが刻阪との出会いをきっかけに変わることになる。
高校1年の文化祭で、刻阪の練習中の音を偶然耳にした神峰は、その演奏に自分の「心を掴まれて」しまい、講堂へ行き刻阪たち吹奏楽部の演奏を聴く。すると、周りの人間の「心」が演奏という「手」に「掴まれて、揺さぶられて」癒されていくのを目にする。刻阪の演奏は、多くの人の心を揺さぶり、感動させていた。しかし、刻阪は「自分の演奏が届かない人がいる」と神峰に悩みを打ち明ける…。そこから始まる物語である。
1巻もさっそく重版されたということで、この漫画の魅力を紹介させていただく。

まずキャラクターがよい。
前作とは違い、明らかな悪役が出てこない。ライバルは出てくるものの、相手もプライドを持った1人の天才なのだという描写だ。一人ひとりのキャラが立っていて、かつ魅力的である。
何より特筆すべきは、主人公である神峰のキャラクターのまっすぐさである。
最初こそ後ろ向きであったものの、絶望の淵に沈んでいる人間を救いたいという思いやりの心、ずっと避けていた苦手なものに立ち向かっていく時の勇気、現状を変えたいという一生懸命さが描写されており、かなり王道的に主人公をしていると思う。あらゆる場面でガタガタ震えたり汗だくになったりと、もうコミュ障MAXなのだが、音楽の楽しさに目覚めだして無邪気に喜んでいたり、葛藤しつつも勇気を振り絞って問題に立ち向かっていく様は、なんだか応援したくなってしまう。

更に、ストーリー構成の緻密さにも着目したい。
一話一話の内容が濃い。コミックス1巻分には7話収録だが、日常パートや息抜きパートはほとんどなく、部内のエピソードに焦点を絞ってきている。毎回終わりには次回への引きを用意してあるのも、続きを期待してしまう要素のひとつだ。主人公の能力は「心の可視化」だけであって、それが何を表しているかまではわからない。(そういう意味では少年漫画版のホムンクルスともいえるかな?)そこに解釈の余地が残っているため、誤解をしてしまったり後から「ああ、こういう意味だったのか!」とわかることがあるのも面白い。更に、伏線が所々に散りばめられており、ストーリーがよく練られていることがわかる。

個人的なことを述べさせていただくと、先々週まで本誌でやっていた忍先輩、邑楽先輩のエピソードがとても好きだ。努力を重ねても結果が出ず、努力を諦めてしまった邑楽先輩が、神峰の指揮によってトラウマを克服しながら力のある演奏をする忍先輩とともに、自分の小さな部屋を壊し青空を見上げるあのシーンは、胸にぐっときた。

このあとの展開としては、天籟ウインドフェスにて優勝を目指す所までは行くのだろうが、その前に部内のパートリーダー攻略が残っている。作者は短い話数でうまくまとめているので、どの程度続く話になるかはわからないが、できるだけ長く続いて欲しいものである。
共感覚を持つライバルキャラ、そしてまた違った共感覚の持ち主も現れ、今後の展開に注目である。みんな応援してね!

オードリーのまんざいたのしいライブレポ!※ネタバレあり

※この記事はネタバレを含みます!


8/16、夜の部のオードリーのまんざいたのしい2013に行ってきました!四年ぶりの単独ということで、内容盛りだくさん。
僭越ながらレポさせていただきます。順番や細かい所など抜けてたり、間違っていると思いますがご勘弁を。

最初の漫才、出だしでキサラの話。そういえば、キサラって新宿だったなー。だから新宿でやったのかな?
改めて近くで見ると、若林の春日を叩く音がすごい!(笑)
テーマはハワイ。ハワイ行ったら何をする?という問に「10時間ぐっすり寝る!」という春日。きれいにオチました。

ここでオープニングが流れます。アナログフィッシュの曲で、とてもいい。映像もすごくよくて、稽古中の2人から今までの活動の映像が流れるのですが、お互いを映している角度のせいか笑いあっている二人の表情がとても良くて、見ていてじんわりときてしまいました。愛情を感じます。

タイトル失念。
なかなか女の子にアドレスを聞けないという若林。そこで春日が指南してやるよ、と。長澤まさみからアドレスを聞くには!?これめちゃくちゃ笑いました。お腹痛くなった(笑)伊勢谷友介をイセユウと略す。恒例の若林モノマネ、春日の中の若林はいつも失禁するなぁ(笑)そしてあのコンタクトずれたみたいなウインクね。あれ好きなんだよなぁ!(笑)

幕間
春日VSパジェロ!!(笑)この時点で「え?」ですよ!若林と、じゃなく車とですからね!(笑)
案の定、全力を出し切りながらもパジェロ(若林)に遊ばれる春日。本気で悔しがって手足バタバタさせてるのがかわいいw後半にもありましたが、パジェロにつかまる春日を振り回す若林がほんとにイキイキしてました(笑)笑いのスピード違反!

「記者会見」
若林の結婚記者会見テーマの、いわゆる「選挙演説」型漫才。
最初のくだり、若林をさして「結婚できるわけないでしょ、こんなブスで、性格も悪くて、笑いの才能しかない奴が!」と微妙にほめる春日に、ちょっと嬉しいという若林(笑)でも思うんだけど、実際に会見開いたとしても「できる限り答えたいと思いますので^^」とは若林は言わないと思う(笑)
サンスポとスポニチのケンカを止める東スポに笑ってしまった(笑)
最後のオチで2人とも微妙にミスしてしまい、たぶん違うオチになりました(笑)春日「お互いミスしたから、このことについては今後触れないことにしよう」に若林も笑ってました。

「富士山」
漫才というよりコント調だったかな。個人的に今回、一番のお気に入りがこれ!
登山中という設定で、若林の「面白い人出てこないかな 」「エクソシストがいいなー」「かわいい女の子と出会えないかなー」などのリクエストに懸命に応える春日。舞台上を駆け回り、汗だくで一生懸命!!
「10人くらい一気に降りてきたりしてね」というフリには、「ふざけんなよ…」と小声で言ってるのが聞こえました(笑)途中、戻っている最中の春日の足を若林が引っ掛け、盛大に転んだ時の春日の顔が(笑)ほんとにびっくりしてるような顔してました。
おっぱいボローン!お尻プリーン!なトップレスの女の子はものすごいインパクト(笑)会場もめっちゃ沸いていました。名前が「房野乳子」!(笑)エクソシストでは、途中で力尽き地面にぺたんとなってしまう春日。すごい汗でネクタイの色変わってました!
若林を放り投げようと体を掴むも逆に投げ飛ばされてしまう一局も。

幕間
春日語の怪談。全然怖さがなくなってしまった(笑)またやってほしい。

「遭難」
遭難した若林にパンを三万円で売る春日、「パンくれよ!!」「帰れ!」連発する若林。傷ついたという理由でどんどん値段が釣り上がる(笑)変態と言われて安くなったり、ピンについて罵倒され泣き出してしまったり(笑)。突然の殺意のため、春日を締めにかかる若林!トリッキーw
オーソドックスな内容でしたかね。

幕間
春日とむつみ荘の大家さんの対談が。むつみは仲睦まじく、という意味だそう。取り壊してリニューアルする予定があるが、息子のように思っている春日が住んでいるため、返事をしていないという大家さんに「嬉しいこと言ってくれるじゃないのー」と笑顔の春日。(好青年マックス)
「もし取り壊すことになったら、春日もいくらか援助しましょうか」という春日。おっ、優しい!と思いきや、「共同名義で…」という春日に、大家さん「長男に相談してみないと」と苦笑いの大家さん(笑)次回、長男さんとの対談!実現するのか?(笑)

「本性」ではいきなりオネエキャラの春日が爆発!!すらすら喋り、噛まない!(笑)
このちょくちょく男言葉交えて話す喋り方がすごくリアル(笑)「ときめくだろぉ!」とか(笑)
途中の、泣き出しながらいきなり切り替えるところ、見事でした。

最後の漫才は「同窓会」。
次々と同級生に挨拶される若林。これだったかな?「しょんぼりとしちゃん」だの(だったっけ?)むかつく顔のリアクションでww
最後のくだり、ちょっと感動。同級生でないとできないね。

終了後のトークでは、若林がボケまくって、漫才の時とは役割交代。緊張してないつもりだったが、緊張で肩がガチガチに固くなってマッサージへ行ったという話(笑)
若林の中では「芸人交換日記」「たりないふたり」、今回の単独を真夏の3部作と呼んでいるそうで、それが完結したとのこと。それを聞いた春日は「だっせー」(笑)
三部作で最後だけ出演してキリが悪いので、どうせなら最後も観客でいたかった、という春日に「じゃあおれ一人芝居するわ、全身白タイツで」と奇怪な動きをする若林(笑)

とっても楽しくて、涙がでるほどたくさん笑わせていただきました!!本当に幸せな気持ちになれて、今も余韻が冷めません。圧倒的なパワーを感じました。素敵な芸人さんだと改めて実感。
また単独ライブが開かれることを願ってます!

*******
追記:誤字修正しました!ご指摘ありがとうございました!(^_^)

台湾 小ネタ

ちょっとしたネタ。
IMG_3800.jpg
台湾は原付が多い。

IMG_3668_20130311195049.jpg
ファミマも多い。セブンも多いけどファミマのほうが見かけた印象。

IMG_3618.jpg
街頭にあった臓器売買の危険喚起っぽい看板。こわい。

最終日 中正紀念堂ほか 再見、台湾…

最終日。

・中正祈念堂
蒋介石をたたえて建てられた建物です。
台湾の人にとって、蒋介石ってどんな存在なのかな、とずっと思っていたのですが、こうした建物を見るに慕われているようです。しかし、「建国の父」とはいえ、遺骨はいまだに完全に台湾の地に埋められてはいないそうで、中国の引き取りを待っているような、保留状態であるとのこと。複雑や…
IMG_4054.jpg
建物の下の格子は雲を表わしていて、「雲の上の人」という意味合いらしい。

中はこんな感じ(天井)
IMG_4069.jpg
IMG_4071.jpg
後ろには学科、主民、論理と書いてある。
やさしい顔してはる。
IMG_4072.jpg

免税店に立ってた蒋介石と息子の人形。キュート。
IMG_4048.jpg

・総督府
IMG_4080.jpg

1919年(明石元二郎総督時代)、総統府は日本人により建てられました。昔の東京駅と同じつくりだそう。
これはバスの車窓からしか見てないので詳しくはわからないですが、立派な建物でした。

そこからすぐに桃園空港まで行き、帰路へ。
さようなら台湾。今度来るときは、もっと台湾語を勉強して来るからね!
そして杏仁豆腐と小龍包を食べる!
再見!!いい旅でした。

3日目 台北 九份、故宮博物館、忠烈祠

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは日本統治時代の面影を色濃くとどめており、当時の酒家(料理店)などの建物が多数残されている。しかし第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていた。
1989年、それまでタブー視されてきた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画「悲情城市(A City of Sadness)」(侯孝賢監督)のロケ地となったことで九份は再び脚光を浴びるようになる。映画を通じノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多数の人々が九份を訪れ、また他のメディアにも取り上げられるなど、台湾では90年代初頭に一時九份ブームが起こった。

NEVERまとめより

と、いうわけで九份です。
町並みが独特ですね。山の斜面にそって連なる町という感じ。めちゃめちゃ人が多い!

IMG_3918.jpg
IMG_3922.jpg
閻魔様の祀られている寺院。ここで懺悔すればそれまでの悪行が許されるとか。(台湾そういうの多いな)

坂を登っていくと…

IMG_3938.jpg
「悲情城市」の看板が…。めっちゃ観光地やな。
IMG_3967.jpg IMG_3947.jpg
IMG_3988.jpg

千と千尋の神隠しの舞台にもなった場所。町中に赤い提灯がぶらさがっています。

IMG_3958.jpg

裏にも立派な寺院が。

IMG_3930.jpg

コールタールが固まった屋根。時代を感じます。

・故宮博物館
蒋介石によって紫禁城より持ち出された多数の宝物が展示されています。中は写真禁止なので画僧はないのですが(泣)、有名な翡翠の白菜やら、角煮の石やら、一刀彫刻の球、透かし彫りの象牙の重箱など、どれを見てもすごい。中でも雕橄欖核舟という、オリーブの種を船の形に掘り、中に人を配置している物は、もう変態的ともいえる精緻さで素晴らしかったです。
IMG_4004.jpg

・忠列祠
高雄にもあった忠列祠ですが、台北での忠列祠はなんといっても衛兵交代の儀式が見ものです。
IMG_4007.jpg
IMG_4011.jpg
びしっとしてます。この衛兵は年齢が決まっていて、容姿端麗な者しか選ばれないのだそう。そして門の両脇に立っているのですが、1時間おきの交代まで身じろぎひとつせず、瞬きもしないのだとか!
近くで見たのですがほんとに瞬きもしてなくて、最初マネキンかと思った私は「うわ~、すごい、本物みたい!」とアホ発言をしてしまいました。言葉通じなくてよかった…
英霊への敬意のためにやるというのですから、すごいですね。

夜は、台北101の展望台へ。土曜日ということもあってか、すさまじい人です。東京タワーみたい。101階建ての巨大高層ビルです。
トランシーバーを貸し出してくれて(日本語対応している)、ボタンを押すとその場所場所での開設が流れるというハイテクな仕組み。
IMG_4032.jpg
IMG_4035.jpg
夜景がきれいだな~。ここでもタピオカミルクティーを購入。うまい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。